« やーっと。 | Main | Review大会。 »

19/11/2006

補習グループ。

先日来・・・・New Venture Projectのグループメンバーが気にしていること。「多額な資金を投資していながら、授業が全部吸収できなくて、ホントにそれでいいの?」

一部教授陣のLectureが、あまり生徒の理解度を考慮せずにガンガン進んだり、説明の仕方が分かりづらかったり、ま、日本でもある話なのだけれど、自分では、自分の英語力の問題でついていけないところは、自分でついていける方策(参考文献を読むとか・・・)を見つけて対処するしかないと思っている。一方で、BritishやNativeと同等のIndiansたちの言い分は、「ついていけないなら、教授に進言すべき。だってここはInternational Studentsが集まっている環境なのだから、教授側にもNativeに教えるのとは違うやり方を考えてもらうべき」と。

でも自分の水準がそもそも低いので、ちょっとな・・・・と思っていたところ、先日のMarketing教授(MBAコースのDirector)とのNewVentureプロジェクト関連のMeetingの最後に、グループメンバーが口火を切る。「一部International Studentsが一部の授業についていけてない。講師側と協力して、何か対処した方がよいのでは?」と。。。ということで、その後は、その「一部」にどはまりしている自分が、まな板の鯉状態。。自分の英語力の水準にあわせるのは無理難題だから・・・・ともごもご意見していたのだけれど、「君のFirst Assignmentの成績はBrilliantだったよ、えとクラスでの順位は・・・」とグループメンバーの前で調べられてしまい、いつの間にか今回はDirectorじきじきの激励大会に。うー、どうしてこうなっちゃったんだ。。それにスコアは・・・今回たまたまよかっただけのハズ。。次は下がるからもう触れないでほしいな・・・。

と脱線しながら出た結論。「早口&Slung使いの教授には、何名かで一緒に話し方を改めてもらうよう相談にいきなさい」、「分からない授業については、グループをOrganizeして勉強会をしなさい」以上。ま、分かっていた結論になるわけで。。でも本気で心配して助けようとしてくれているグループメンバー、そして超激務ななか、真剣に話を聞いたり、激励ていただいたDirectorには感謝。 語学はちょっとやそっとで改善しないから難しいけれど、早く自分で状況打破できるようにしないと・・・・。

そう・・・でもこのDirectorさん、諸事情により今年一杯でこの職を退かれ、他大学へ異動される。今年度のMarketing 関連のElective Moduleは継続して教鞭をとるようだけれど。とても残念。後任は一度クラスに挨拶に見えたけれど、INSEADとか、他のInternational MBAでも活躍されていた方みたい。さて今後はどんな路線になっていくのやら。

|

« やーっと。 | Main | Review大会。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93338/12751027

Listed below are links to weblogs that reference 補習グループ。:

« やーっと。 | Main | Review大会。 »