« 欧州間のコミュニケーションスタイルの違い。 | Main | はしご、はしご。 »

23/11/2006

日本の強さとは?

ここ1ヶ月、Operation ManagementおよびOrganization Behaviourモジュールの授業において、かなりの頻度で、「Japanese Company」あるいは「Tokyota」の名前が挙がる。大体が西欧との比較対象として。

そしてOrganization Behaviourの最後の授業の今日もまたアフリカの学生からProfessorに質問が投げかけられる。「日本の会社がInternationallyに成功を収めている原因として、Organization Behaviour観点から考えられることは?」と。うっ。

これまでConsultantという職業を通じて見聞きした経験を元に考えると、個人的な意見として、組織体系とか、人材マネジメントの観点では、日本株式会社はDomesticeでさえ、未だ悩みを抱えている会社が多いし、海外の人材マネジメントに至っては、かなり悩み深きことがあるように見受けられる。だからこの質問には即答できず。勿論日本のことはそう深い知識があるわけでもなさそうなProfessorは、「答えは簡単。分からない。興味はあるところだけれど、研究していない」・・・・おいおい。

消化不良気味に見えた質問者に、授業後、「時間あるなら、さっきの質問のことでちょっとDiscussionしない?」と提案してみると、「是非!」。ということで、このトピックに強いノルウェー人とアフリカ人、そして自分で、議論開始。(更に途中まで台湾&中国人も。そして遠巻きにBritが様子を伺っていた)自分の見解として、日本は決してうまく海外ビジネスをマネジメントできている訳ではないこと、でも敢えて言うなら、こんな特徴があるかも・・・・ということを伝えたことを皮切りに、一気に彼の悩みが噴出。アフリカで既に自分でビジネスを展開する経験のある彼としては、MBA留学の目的の1つが「どうやったら組織マネジメントがうまくいくの」であるらしく。怒涛のように話は続く。そして気づいたら、組織を強くするには?とか、Culture変革ってどうすれば達成可能なの?はたまた、日本ビジネスの行方と、今後のインド企業の展望 などなど、議論白熱。気づいたら1時間強。。

あまりに時間が掛かりそうなので、途中で中断。また今度続きをすることに。でもこうやって、海外から、異国に人の視点を借りて、日本を見直すと、結構面白い。自分では普通のことと思っていたことが、実は「日本らしさ」であることを発見したり。そう、そしてこれは私自身の留学目的の1つでもあるから。

あぁ、それにしても、もっと英語を聞けるようになりたい、話せるようになりたいなと、気持ち高ぶる。そうしないと、こういう機会を有意義に活用できないから。。

|

« 欧州間のコミュニケーションスタイルの違い。 | Main | はしご、はしご。 »

Comments

こちらこそー!シンガイさんのブログを拝見すると、「分かる、分かる」なんて思わず頷きながら読んでしまいますよ!

お互いがんばりましょーね♪

Posted by: りすねこ | 25/11/2006 at 00:08

同感です。
いつも僕の言いたい事を表現してくれてありがとうございます(笑)

Posted by: シンガイ | 24/11/2006 at 23:34

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93338/12801417

Listed below are links to weblogs that reference 日本の強さとは?:

« 欧州間のコミュニケーションスタイルの違い。 | Main | はしご、はしご。 »