« あれ・・・また行き先変更!? | Main | そして新年を迎える。 »

31/12/2006

2006年の振り返り。

2006年12月31日、早くも今年最後の日。今頃日本では夜に差し掛かかり、数時間もすれば除夜の鐘が聞こえるはず。普段は学生生活に追われ、あまり大きく意識はしなかったものの、思えば随分遠くに来たものだ。

そしてこの1年。人生のなかで一番激動の年だったのかな。昨春に英国MBA留学しようとぼんやりと思い描き始めて以来、決して得意でない英語と格闘。仕事においても一つの節目の大事な時期(昇進前)と重なり、勉強のための時間確保もままならず、通勤時間では英語テストの問題を解いたり、英単語を覚えたり。歩く時には常にiPodで英語を聞いていたり。海外出張の際の飛行機の移動時には、8時間ぶっ通し英語を聞きまくるとか。時には、あまりの苦しさに「何故こんなチャレンジをしているんだろう。本当に行きたいの?」なんて自問自答しながら。

昨年の年末には、IELTS(英国留学の際の英語試験。TOEFL英国版)やGMATの受験勉強、そして志望校へ提出する書類やらエッセー書きも加わり、お正月はほぼなし。そして2-3月には、出願した大学院からポツリポツリと条件付き合格の通知が届きだし、「本当に留学するんだ・・・・・」なんて自分でも驚きはじめたり。とはいえ、正式合格のための条件を満たすため、極度のプレッシャーを抱え、とうとう仕事との両立をGive Up。最悪でも進学できる先を確保したこともあり、休職に踏み切る。

この間、仕事の上司&仲間たちには(ただでさえ)自分が至らないところを一杯補っていただいたり、声援を送ってもらったり。英語学校の先生やクラスメイトさんたち、英国MBA留学経験者の皆さまがた、普段から付き合いのある友人たち、そして両親には、貴重なアドバイスやら励ましをいただいたり。思えば久しぶりに何だかよく泣いたり、笑ったりしたものだ。こんな暖かい人たちなくしては、今自分はこの地に降り立っていないかと思うと、本当に感謝してもしきれない。

また渡英後には、自分を受け入れてくれた3人のHost Mother、英語学校の先生、英語コースのクラスメイトさんたち、MBAコースのクラスメイトさんたち、そして勿論日本のお友達・・・・・・、色々な面で非常にNervasになっていた自分のことを、あきれることなく励まし、こんこんと勇気づけてくれた。自分のつたない英語にも我慢して、よく付き合ってくれ続けてくれたと思う。こうした人々からのサポートなくしては、精神的に安定した状態で未だこの地で頑張っていられることはなかっただろう。

そう、これまでの人生同様、本当に自分の周りにいてくれる人たちの存在あっての自分。これだけ素敵な人たちとの出逢い、そしてお付き合いをしつづけてきたことに心から感謝。言葉にすると何と陳腐な形(語彙力が少なすぎ?)に落ちついてしまうことかと、感じつつ。これからは自分も何かの形で、お返しができるますように。

ひとまず、この1年、本当に有難うでした。そして来年もこのような私ですが、よろしくお願いいたします。

|

« あれ・・・また行き先変更!? | Main | そして新年を迎える。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93338/13280356

Listed below are links to weblogs that reference 2006年の振り返り。:

« あれ・・・また行き先変更!? | Main | そして新年を迎える。 »