« 英国内無計画でいく現実逃避旅行。 | Main | Go back to the reality。 »

20/12/2006

悩みはつきぬ、でも。

ここ最近ずっと浮き沈み激しい、自分の英語力。一瞬浮かび上がりかけることもありつつ、低空飛行は続く - 急にぺらぺらっと話かけたかと思うと、言葉が思うように出てこない日々が続く。

今回のAssignment打ち上げ旅行はまさに低空飛行期間まっただなか。勿論Communcationできる時もあるけれど、自分の頭が硬直したかのように全く理解できない瞬間が多々あったり、言葉に出そうとしてもなかなか伝わらなかったり。みんなは楽しくCommunicationしているのに、何故自分はこんなに言葉が使えないのか・・・・・ホント自分の言語能力は一種問題があるのではないか・・・・とまでふと考え込んでしまう。でも今回一緒に旅行したメンバーは、みんなそんな自分の悩みをよく知っているし、これまで何回ともなく個別に励ましてくれつづけたメンバー・・・・心配をかけたくないので、暗い顔もできない。楽しい瞬間も多々ありつつ、そして笑顔を振りまきつつ、未だ留学開始以来の葛藤は続く。

とはいえ、なかなか言っていることを理解しなかったり、うまく言葉を出せないのに何故みんな根気強く付き合ってくれるのか。そんなことを考えていた時に、幾つか嬉しい言葉を掛けてもらった。ちょっと過大評価されすぎている・・・・・と思いながらも、大分自分の励みになってしまったので、ちょっと書き留めてみる。1つ目は、「Don't worry about your language. We can communicate and understand you beyond the language. You have a heart. It is more important.」というグループメンバーの言葉。2つ目は.「You are famous - because You have been fully recognized as an intelligent/clever person in our class even if you could not speak English fluently」(しゃべれないことが逆に幸いとなっている気が。。。)というこれまた違うグループメンバーからの言葉。そして3つ目は、「You know what your two group members told about you? You are the best person to work toghether. Trust me!」との仲良しなクラスメイトからの言葉・・・・・など。

でもこれもそれも、このMBAのクラスメイトたちが、気持ち的に暖かい心をもっていること、協力し合うことの重要性を理解している人たちだから、こんな風に我慢強く相手をしてくれたり、手を差し伸べてくれいるのだと思う。何人かとも話をしていて認識があったのだけれど、かなりのクラスメイトがこの価値観をもちあわせている。そして、この環境だから、今自分は未だここで頑張っていられるのだと思う。本当にこれには感謝。

なんて。この種の励ましに頼ってばかりいないで、ホントいい加減、この言い表しがたい言葉の壁、もどかしさから脱したい。これだけ日本人以外との場に長い時間身をおいているのに、どうして、どうして、英語コミュニケーション力が伸びないのかな。。。

この休み中には、ちょっと基本に立ち返ってBBC Englishでも勉強するかな。。

|

« 英国内無計画でいく現実逃避旅行。 | Main | Go back to the reality。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93338/13159791

Listed below are links to weblogs that reference 悩みはつきぬ、でも。:

« 英国内無計画でいく現実逃避旅行。 | Main | Go back to the reality。 »