« December 2006 | Main | February 2007 »

31/01/2007

Charity Work。

今年初めての試みのようなのだけれど・・・・・

コース開始時にMBA事務局によって組み分けされたSyndicate Teamなるグループ対抗でのCharity Activityなるものが今Term実施さる。来週水曜日終日がこのCharity Dayに定められており、各チームはこの日前後で何かしらのCharity Workを企画、実行しなければならない。学外のCharity関連の組織と連携するもよし、オリジナルで何か企画するでもよし。

他チームの動向を探ると、当日山にごみ拾いに行くとか、学校訪問をするとか、いろいろ。で、我がチームはというと、紆余曲折しながらも、前TermのOperation Managementモジュールの教授が企画している、アフリカの子供たちに教育機会をつくるためのCharity企画をサポートするということに。

早速ポスターつくりやら、募金箱の設置やら、企業への寄付金のお願いやら、Charity Dayにこの支援の一環としてチーム名にもなっている湖水地方の山 Grasmoorを歩く企画やら・・・・・一斉にメンバーが動き出す。この原動力はちょっとスゴイ。。。大学院学生向けにも、寄付のお願いをするメールを一斉同報してもらったり、MBAコースの学生にも呼びかけをしたり。でも、こうしたCharity Activityに不慣れな自分・・・・あまりアイデアもわかず、ちょっと貢献度下がり気味。。。

その代わりといっては何だけれど、このCharity Dayに行う山登り企画の際、お弁当を作る係りになってみた・・・・って、料理苦手なのに大丈夫かしらん。。でも、20名くらいが参加するかもということで、「誰か手伝ってくれると嬉しいな」とメールをしてみると、チームメイトの女の子たちが、「日本料理の作り方に興味あるから、是非!」なんて言ってもらったので、ちょっと心強い。

ということで、我がチームの企画・・・・どうかうまくいきますように。

①自分の発案でこのActivity用にBlogをたててみました。(チームメンバーの中国人エンジニアさんが実際には作ってくれたのだけれど)

http://grasmoor.007ihost.com/website/

②寄付金のお願いをするためのWebページ (よかったら是非!)

http://www.freewebs.com/grasmoor/charity.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

30/01/2007

Group Works。

先週までのHRM(Human Resource Management)週間も終わり、今週はGlobale Economy, Global Society, Strategyモジュールの3本立て。うち、Strategyモジュールは、2日間集中で講義が行われ、その間3つのGroup Presentation(といっても10分間)が求められる。

しょっぱな水曜日の朝一でPresentationがあるため、早速週明けGroup Meetingが立て続けに行われる。今回のメンバーは6名。複数のプレゼンがあることを見越し、3名ずつでSub Groupを作り、ある程度ResearchやらPresentation資料の用意やらをしておいたので、前TermにやったGroup Workより大分効率的。(メンバーも違うし)

今回のGroup Workで気づき始めたこと・・・・は、クラスでの発言回数が比較的ある人を無条件に尊敬しがちだったのだけれど(=ヒアリング力がないから、どんなことを言っているか実は分かってない。。。←終わっている T_T)、よくよく密にWorkし始めると、「あれれ・・・・?」なんて思わされる言動が結構あることにに気づいてしまったり。今回のメンバーは比較的Matureなため、「あ、また・・・」程度で、みんな適度に聞き流していることも発覚。Nativeだからできるわけではないということを今更ながら理解。。

よくよく色々見極めながら動かないといけないな・・・・でもそのための英語力があまりに乏しい。。。もうちょっと何とかならないかな、この言語能力。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

29/01/2007

World MBA Ranking 2007。

今年はさすがにそろそろ上がらないのでは・・・と思っていたFinancial TimesによるWorld MBA Ranking。ところがどっこい、結果は昨年度World Ranking30位→28位に上昇、UK内でのRankingは5位。

http://rankings.ft.com/rankings/mba/rankings.html

今朝方、目覚めた後にメールをチェックすると、Ranking発表があったと思われる夜中に、MBAアドミオフィスのManagerから全生徒あてにメールが発信された後が。中身は、昨年末までのDirectorと現Directorの喜びのメッセージ。

その後、学内のTVモニター(イベントごととかが常に映し出されている)にも、今年度28位に上がったことを伝える速報ニュースが流れている。ちょっと学校中興奮気味かも?

・・・・・と、早く宿題に着手しなくっちゃ。(としっかり他人事)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

28/01/2007

あっという間のLondon3日間。

Londonを発つ前日夜。続けざまにお友達からコンタクト。一人は会社のChicago研修でお友達になったLondon Officeのイギリス人、そしてもう一人はクラスメイト。

London Officeの友人は、自分の故郷のサッカーチームをこよなく愛しているようで・・・・Leagueが違う競合チームとの試合を見に地元に戻っており、会えるか微妙と言われていたものの、何とか日曜日午前、会いにいくよ~という連絡。でも「Hang Overしていて、姿は無残だと思うけど許して」とか。結局日曜日短い時間だけだったけれど、近況の情報交換に花を咲かせ、ホテルから駅まで荷物もちまでしてもらい・・・・・忙しいみたいなのにありがとうです。そういえば、4月にとうとう30歳になるとかで、しきりとBlueだ・・・・とため息をついていた。。日本人も英国人も、そして男性も女性も、感じることは万国共通のようで。ちょっと慰めをいれてみたけど、あまり効果はなし。。

それから土曜日夜コンタクトがあったのは、出発直前に車乗っけていってあげようか?と提案をくれたクラスメイト。続けざまの弾丸トーク。「日曜何時の電車にのるの?Milton Keynes(彼の滞在地)はその電車通るの?え、わからない?インターネットつながってる?え、つながってない?じゃ、調べてあげる」ぷつり。そして5分後。「ネットで調べたら、きみの予約した電車の4分後に、MiltonKeynesを通る電車が出るから、そっちにきりかえな。駅にPick Upにいくから。じゃね。」ぷつり。ということで、考える隙なし、めでたくIteneraryの変更。。。その後も紆余曲折ありながら、結局4時間かけて、車でLancasterまでご帰還。何故それにしてもPick Upしてくれたのか・・・・多分長時間ドライブしていたので、目覚まし代わりに横でしゃべってくれる人が欲しかっただけに違いない。。。でも運悪く、言葉に難ある自分、役にたったのだろうか。。。

戻った後は、日曜日だけれど、グループワークのため、ミーティング三昧。ちょっとお疲れ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

27/01/2007

London China Town探索。

London2日目は、念願のHairサロン行きとお友達との会合。

ここ最近急に髪の毛が無残な形で痛み出していたものの、居住地のLancasterのHair Cutの腕前も分からずちょっと髪の毛を切ることを躊躇していた。ということで、Mixiでお薦め情報の出ていた、日本人が経営するHair Salonへ思い切って行くことに。

いつもかけている縮毛矯正やら、ストレートパーマは、異常に高い(日本の2倍。。。)ので、多少まだ日本でかけてきたものが残っている今はお預け。とりあえず、痛んでいる部分を切り、髪の毛が多いたちなので、シャギーなどを入れてもらい、完成。満足。

後からお友達に聞いたところ、髪の毛が痛んだ理由は、日本から持ち込んだシャンプー&リンスの可能性があるらしい。こっちの水と、日本のシャンプー&リンスがいまいちコンビネーションが悪いらしい。気をつけなくちゃ。

Hairサロンでさっぱりした後は、「Last Sales!」と張り紙がついているOxford Streetのお店にPop Inし、何か掘り出しものがないかと洋服をチェック。Hair Salonにて、久しぶりに日本のファッション雑誌を読んで、ちょっと触発されたため。。。お金ないし、現在£高(両替所では何と、1£=250円と表示!!!!異常。)だし。。。ということで、1着だけかなり安くなっていたお買い得品をGet。

急ぎ足でShoppingを楽しんだ後は、約半年ぶり?日本のBritish Councilの留学準備コースの時のクラスメイトさんたちと再会!久しぶりにリラックスした雰囲気で、大いに楽しむ。それにみんな元気そうで、本当によかった。それから、色々ロンドンのお店(特に日本食材を安く変えるところとか、おいしいお店とか)を教えていただく。やっぱり自分だけで生活情報を開拓していると限りもあるし、心強い存在。また近いうちにLondonに行くときにはかまってくださいね!なんて。

ということで、London2日目もあっさり過ぎてゆく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

26/01/2007

Short trip to London。

1週間ぶっつづけで続いたHRM(Human Resource Management)講義週間。最終日の金曜日は、午前のみで終了。ということで、何人かのクラスメイトたちも、ここぞとばかり、Londonやらどこかへやら小旅行を敢行。自分もちょっと、友人&知人訪問、Hair Cut、アジア食材や洋服のShoppingをするため、急遽London行きを決める。

前日夜中(Sushi Workshopが終わったあと)に、仲良しメンバーから、「僕もちょっとLondon方面に行くため、車を借りるけど、一緒に乗っていく?」なんてお誘いをもらったけれど、いつも彼らの行動はLast Minutes。残念ながら既に電車を予約しちゃっており・・・もっと早くに言ってくれればお金Saveできたのに。なんて。

それはさておき。金曜日夜は、久しぶりに会社のManchester Officeの同僚(Singaporean)とLondonのChina Townでお食事。UKおよびEuropeでの現在の会社のビジネス展開状況やら、彼のヨーロッパの都市を駆け巡り、大きなプロジェクトで活躍している話を聞き、何だかちょっとだけぽつっと取り残された感じ。自分ももうちょっと、Internationalな環境で仕事してみたいな・・・・なんて、今の英語力では無茶なことを思ってみたり。

でもちょっと不思議だったのは、彼の英語が昔より聞き取れるようになっていた気がする。Singaporean×Manchester在住×でも時折Londonでも仕事・・・・ということで、彼自身も認める、ちょっと独特なクセが見え隠れする英語、すっと耳に入ってきた気も。クラスメイトとの会話やLectureの講義では苦戦しているのに、何故だろう。へーんなの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

25/01/2007

Sushi Workshop!!

のんびり週間(って本当は呑気にしてられないけど)の最後のイベント・・・・それは、Sushi Workshopの開催。

日ごろから、「お寿司食べたい」「作り方知りたい」という面々のリクエストに応え、10名ほどでのSushi作り方講習会+パーティーを企画。当日授業終了後、8合のお米をとぎ、中に巻く具材を少しずつ準備し、会場にさせてもらったクラスメイトのキッチンに必要器具を持ち込み、おなかすいた~という男性陣を黙らせるためにおつまみを与え・・・・。仕切りの悪さから、巻き寿司を作り始める時間がずれてしまったけれど。。

P1010495P1010503いざ巻き始めると、みんな楽しそうにワイワイガヤガヤ。でも、調子にのって、日本人からするとありえない(失礼!)具材の組み合わせの巻物もできつつ、約1時間後には、大量の巻き寿司完成!一応、お寿司だけでは・・・と思い、お味噌汁、サラダ、から揚げなども添えて。

Sushiが食べられる!ということで、参加者のクラスメイトが日本酒を差し入れてくれたので、熱燗にしながら、みんなで食事を楽しむ。思ったより、好みが別れるかな・・・と思っていたお味噌汁の受けもよく、大量に作りすぎた故にちょっと残ってしまったけれど、みんな満足。(してくれたはず。。) それに、文化の1端である食を通しての交流は、今までとはまた一段と違う付き合いへとちょっと発展しているような。

ちょっとお酒が入ったところで、この日の最後のレクチャーで、ちょっとGuest Lectureとして来て下さったVodafone UKのHR Directorへの自分の発言のことで、クラスメイトから一言。「You smashed the guy!Nice Work!」 実は質問を浴びせたいな・・・と思いながらもちょっと躊躇していたところを、今回は隣に座っていたGroup Workメンバーに「質問しなしな」と促し、発言する機会を作ることを手伝ってもらったのだ。感謝。発言後は、何人かのクラスメイトから、「Good Question!」なんて言ってもらったものの、本当は不完全燃焼。日本語だったら、もっと更に突っ込んでいたのに・・・・突っ込み切れなかった。ま、仕方なし。

ということで、今週は2回クラスで発言できたし、暫くお役目終了。(なんて言っている場合ではなーいのだけれど)

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

24/01/2007

呑気週間。

何となくAssignmentが差し迫らないと、切羽詰って勉強しないという悪いクセが定着気味。クラスメイトたちも、何となくのんびり時間を過ごしているようで、スポーツセンターに、Townへの食料買出しに・・・・・と、勤しむ姿を多々目的。

とはいえ、実は急遽今週末Londonに行くことになり、週末前に幾つか急ぎでTaskをこなさなくてはならない・・・のに。相変わらず、呑気に、誘われるがままに、大学院寮内のBarに出向いたり、同じバックグラウンド出身者(IT或いはITコンサル)で結成されたグループのKick-Offミーティングに出たり。そして極めつけは、総勢10名でのSushi Party企画。日に日に参加者の期待が膨らんでいるみたいで・・・・・マズイ。。。日本でお寿司なんて家庭科くらいでしか作ってない人が仕切れるのでしょうか。。。

なんて追い詰められ度もありながら、呑気に夜中お勉強していると、やっぱり呑気に過ごしているクラスメイトから、夜中に酔っ払ってのお電話やら、Messangerで話しかけられたり。。そう、そこで言われたことは、昨日ちょっとクラスで発言したことについて。。実は先週末、インド人クラスメイトとキッチン飲みをした時に、ヨーロッパ系の学生は「発言しない=おろか」と考えるから、とにかく何でもいいから発言すべしみたいなことを言われたものの、やっぱりタイミングとか、言う内容とか、考えてしまうもので。ただ、今回ちょっと自分の経験とリンクする内容が授業で取り上げられたこともあり、勢いあまって手を挙げて、発言をしてしまったというのが経緯。その場ではみんながあまりに無反応だったので、「あっそ」くらいに取られたのかなと思っていたら、評価つきでしっかりその話が欠席していたメンバーにも伝わっていた。(といっても、多分いつもの仲良しなクラスメイトの間だけだと思うけれど・・・・みんなそんなに人様に興味ないと思うし。。) 恥ずかしい。。。

でもこうやって前向きに頑張ると、不思議と人の輪が広がる。不思議なものだ。とりあえず、未だ克服できず凹んでばかりの英語力ではあるけれど、前向きに・・・・前向きに・・・・。

| | Comments (2)

23/01/2007

頭の切り替え。

今週は1週間ぶっつづけで、HRM(Human Resource Management)の講義が埋まる。朝から晩までHRM, HRM, HRM・・・・・。前Termの、人関係の講義(Organization Behaviour)に比べると、ちょっと実践寄りなのと、Lecturerがきちんと最新の動向を押さえた講義内容を組み立ててくれているという意味で、思ったより楽しい。Global HR, HR Outsourcing, Talent Management等々。Royal Mail Group, BEA System, などなど実企業のHR担当者、コンサル出身者などのSpeaker講義もあるし、我が会社のUKオフィスと一緒にHROutsourcingの研究をしている人がLecturerだったりするので、Contentsも良質。ちょっとこれを機会に、久々自分のHRM領域の情報をUpdateせねば。。。

クラスの反応はというと・・・・1日目は、「Why People dislike HRM?」などといった身近なテーマ(?)でのDiscussion Timeが多かったこともあり、概ねみんなの反応もよし。でも2日目以降は、ちょっと退屈するメンバーも出てきて、徐々に人数が減っている。。。ちなみに1日目のTeam Discussionでは、人が理解してくれているか否か関係なし・・・・結構しゃべりまくるも、クラス全体でのDiscussionの時には、いまいち話すタイミングを逸す。この種のテーマが得意なクラスメイトたちが、自分がGroup Disucssionで話していたような意見を幾つか述べて、Lectureresから「Good Point!」なんて褒められているのを横目でみ、Gruop Memberから「きみがいったポイントと同じだね!」なんていわれ・・・・つくづく意見するタイミングを摑むのが下手だと痛感。

なんてそろそろ色々な落ち込みから脱するとき・・・ということで、学内にあるSports Centreにメンバー登録することに。1時間でもいいから、運動して気持ちをRefreshしようと、フラットメイトと画策。ということで、Sports Centreに行ってみると、出会う出会うクラスメイトたち。。。みんなしっかり気持ちをリフレッシュさせるために、Sportsしてたんだーなんて妙に感心。そして、今度一緒にスカッシュをしようと幾つかのグループからお誘い。^^楽しみ。

今週は宿題が少ないとはいえ・・・・・来週以降にわんさかとグループワークを控えていることもあり、ちょっとお勉強に戻るとします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

22/01/2007

自分がどうしたいのか。

ここ最近の自分のIdentity&所在探し。多少浮上しつつも、この週末のManchsterへのサッカー遠足の際に、アジア系クラスメイトとちょっと話込む。(長い時間ではないけど)

自分の居場所探し・・・・に関して、彼女曰く、「自分が誰といたいかが大事じゃない?」と。自分さえその気なら、みんなはいつでもWelcomeの気持ちでいると思うよと。確かに、ここ最近というか、ここずっと「受身」になっていたかもしれない。誰かが誘ってくれるのを待っていて、比較的よく話をする幾つかのグループのメンバーたちから何かイベントごとに誘われ損ねると孤独感を感じ・・・・でもこれって、ただの我が侭だったのかもと。ちょっと子供じみている。

よく考えれば、未だ自分はふわふわした存在なのかも。「僕らメンバーは、きみのこと非常にRepectしているよ」なんて言ってくれる人たちも有難いことにちらほらいるのだけれど、他のクラスメイトと比べて、言葉の壁が高くて、100%意思疎通できるわけでもないので、気を使って話されることも多いし、通りいっぺんとうの話だけで終わっちゃうこともあるし、ちょっと近くにいれば軽く話をして、ふざけあう・・・・程度の存在感のときも多々。Must Haveではなく、Better to have。でも、今の言葉のハンデ(聞き取れないというのは本当に致命的と最近また痛感)を考えれば、そんな程度の存在になっちゃうのって仕方ないのかもと。ちょっと必要なときに、話かけられる距離感にいれば、みんなにとってはよいのかもと。だからこそ、自分がどうしたいのかが大事で、自分のペースで、自分から行きたいところ&やりたいことに飛び込むべきなのだろう。

多分どこかでこんなこと分かっていいつつも、寂しさ故に気づいていないふりをしていたのかもしれない・・・・・そんなことを自覚できた後、不思議とちょっと状況が変わる。自分も多少行動を起こしつつも、非常に些細な、たまたまのハプニングが重なりあっての結果というところが、相変わらずなのだけれど、自分が一緒にいて心地よいと思うメンバーのところへつつっとJoinして、時間を過ごしている自分。自分が自分らしくいられる場所探し・・・・でも未だ続きそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

21/01/2007

あっさりと週末は過ぎ行く。

久々の差し迫った宿題のない週末・・・・やっぱりもって、あっさり過ぎ去る。

今週の木曜日、仲良しクラスメイトたちとの冗談話から発展し、企画中のSushi Workshop(一緒にお寿司をつくって食す)のために、お昼過ぎにTownまで食材を買出しに行き、土曜日に撮った写真を整理し、さてちょっと来週の予習でもするかと(1週間ぶっつづけで毎日HRMの講義週間!)、Pre-readingとして配布されたArticleを読みつつ、ちょっと昼寝をしていたら!夕方も6時。早い・・・・。

ぼけーっとしていると、「今何しているの~、今日はインド料理食べにいくよ~」と仲良しクラスメイトたちからのお誘いのお電話。先週丁度、キャンパスにあるインド料理屋さんに行ったところ、閉店時間が早くて、入れなかったので、そのリベンジとのこと。ちょっくらお食事を堪能し(といっても、Townのインド料理屋さんより味は落ち気味)、戻ってくると10時!

今週は比較的得意分野のHRMの講義のつまった週だから、念入りに予習して、クラスに貢献しよう!なんて思っていたのに、夢破れる。(いや、自分に甘いだけ) ちょっとそろそろ、宿題におわれてLectureの予習に手が回ってなかったけれど、気を引き締めなくちゃ。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

20/01/2007

初サッカー見学-遠足。

P1010467遅まきながら・・・・MBAコース開始直後のGuest Lectureとして来て下さったManchester City ClubのManagerさんのお招きにより、MBAクラスメイトたちとManchester City Clubのスタジアムにて、本場サッカーのゲームを初見学。

広々とした、クリーンなスタジアム・・・・・、とはいえ、そんなに強くないチーム間のゲームらしく、スピード感や、戦術など、日本のJリーグとあまり変わらない印象。クラスメイトたちも、Footballを楽しみたいというよりは、みんなでどこかに出かけて一緒に応援する・・・という方に興味が傾いていた気も。。しかし応援むなしく、あっさり0-3で負け。もうちょっと均衡していてくれてたら、盛り上がったのになんて。

試合直後には、仲良しクラスメイトたちと「帰ったら、Party! Party!」と一瞬話が盛り上がりつつも、いざ寮に戻ると、みんなちょっとお疲れモード。いつもの寮の敷地内にあるGrad Barで軽ーーーーく飲んだあとに、家族寮に住んでいるクラスメイト宅で、軽ーーーーくChatして、12時過ぎにはおひらき。先日までの宿題との格闘やら、来月にはまた昨年12月のような日々が待ち構えている・・・ことを自覚し始めたことやらで、何となくどよーんとした雰囲気 。。そう、タフなコースはまだまだ続くのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

19/01/2007

複雑系。

回復気味・・・・・なんて、昨日のBlogに書いておきながら。ちょっと今回のDepressed具合は深いみたいだ。

何が自分をそんなに悲しくさせるのか、落ち込ませるのか。細かい原因は一杯あるのだけれど、奥深くにある根っこの原因、自分のIdentityを見失っていることかもしれない。時にはクラスメイトとお昼ごはんを一緒に食べ、軽い会話をかわし、時には飲みに行き・・・ということを多少繰り返しても癒えない、自分の心にぽっかりあいた「穴」。いいようのない不安感と、孤独感は一向に消えうせない。悪循環にいるときには、ちょっと浮上しかけても、新たな嫌悪感を感じる出来事がおこり、薄明かりが見えてきた空を、さっと曇らせる。不思議なものだ。ちょっと暫くじっとしてようかな。

そーんな時、昨年提出したAccounting Assignmentが返却される。何だかこのクラス、みんな良い点をとる人が多すぎる!!こちらの大学の仕組みとして、50点以上がPassを意味し、70点以上がDistinctionという特別優秀であることを意味する点数となっている。でも、今回事務局から発表された平均点は、Marketingと同じく64点。今回も平均以上ではあったけれど、何だか自分の周りの人たちは、みんな平均点以上。中にはちらほらDistinctionをとっている人もいるし。本当に平均点、64点なのかな・・・・なんて疑うほど。。たまたま自分の周りにいる人たちが優秀(成績をうまく取れる)なのか!?

ホント・・・・・浮かび上がる材料が少ないこと、少ないこと。ま、何事も簡単にいくなんてことはないのだ。試練の時かな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

18/01/2007

ちょっとずつ回復中。

ちょいと精神的に浮き沈みしがちだけれど、ほんのちょっとずつ回復気味。何故なら・・・・嘆いている時間が少なくなってきたから。。。2月に幾つかあるマイルストーン(グループワークや宿題提出)を整理していたら、ちょっと余裕があるかな~なんていうのが幻想だと分かってしまった。。(遅い!?)

そしてちょっとしたクラスメイトたちとの会話から、交友関係が広く、英語も堪能な(Native含む)クラスメイトたちも、それなりに勉強&人関係で悩みを抱えていたり、ストレスためている様子が分かり、自分だけじゃないんだ!なんて励まされたり。。。

それからどこか自分のなかで、あれこれ人の気持ちを詮索しすぎて、変に誤解をして、孤独感を感じていたのかもなんてことにも気づいたり。これは日本にいるときからの悪いクセ。アジア系のクラスメイトが時折、「欧州系のクラスメイトたちの中には、アジア系の学生に見向きもしない人たちがいる」なんて嘆いていたけれど、それは私の悪いクセと同じで、話してもみていないのにきめちゃーいかんのだと改めてここ1-2日で思い直す。確かに、相手が非常に自分たちに対してCoolに見えるときもあるけれど、それは話すきっかけがお互いないからなだけなのではと。そしてその機会は、自分で作るしかないのかなと。

そして今週。そんなことに気づいて(遅い!?)、ちょっと勇気を出して、ちょっとずつ自分から歩み寄りをしてみたクラスメイトがいるのだけれど、拍子抜けするほど、ちょっとずつ距離が縮まり、気づいたら、とあるグループワークのチーム、一緒に組もうよ!なんて提案をもらうほどに。自分の気持ちをPositiveに持っていき、足を一歩いや半歩でも前に出してみるだけで、こんな風に世界が変わるんだなんて(ちょっと大げさだけど)、改めて感じる。

なんてちょっとつれづれと書いてしまったので、ここで今日はおしまい。とにかく、ちょっと前を向いて歩こう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

17/01/2007

うひょ、またプレゼン・・・。

先日Groupで選んだ、Strategic Moduleで、Group Workをする対象企業。初回の授業にて、各チーム、10分間で、Why to select? What are startegic issues?という2つのお題でPresentaionをしなくてはならない。

昨晩GroupでDiscussionした結果・・・・・何と、Asia勢(中国人&日本人)でPresentationをしてはどうかということになる。理由は、このPresentationは評価にはねないし、普段話をする機会が少ないし、今回の企業選考にあたってResearchを結構したのが二人だし・・・ということ。確かに、良い機会だし、適度な長さだし、Challengeしてもいいかなと思いつつ、ちょっと精神的疲労状態にいたので、またNervousな顔をしていたのか、妙にみんなに「大丈夫、できるから、頑張れ!」とか励まされる。

ということで、話すべきポイントをメンバーに確認し、夜ちょっと準備をし、授業前にBritクラスメイトに内容を聞いてもらい、いざ本番へ。。。と、今回プレゼンすることは黙っていたのだけれど、いつものEncourage memberの一人のクラスメイトから、「聞いたよーーーー、今日話すんでしょ。頑張れ!!!!」と本番直前にHugされる。うー、よく聞きつけているな・・・・インド人ネットワーク恐るべし。

本番はというと、ちょろちょろととちったものの、、、今回のPresentaitonは、クラスを2つに分けておこなったこと(参加者が40名程度)、Professorが笑顔で頷きながら聞いてくれる優しいひとだったことなどなどに助けられ、取り合えずお役目終了。メンバーからは「よく頑張った!!よく調べて話してくれたね!!」と心優しきお言葉・・・・。休憩時間にも、「Well DONE!!!!!」といつもの心優しき仲良しメンバーの何人かから、声を掛けてもらう。相当人前で英語を話すのが嫌いというレッテルが貼られちゃっているのね・・・という感じで、ちょっと恥ずかしいけれど、今の自分の力を考えれば、少しずつこうやって場数を増やして、クリアしていくしかないのだ。きっと。

という訳で。次はどんなチャレンジをすることになるのか。気持ちで負け気味だけれど、頑張るしかないのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

16/01/2007

妙に凹み。

何となく、クラスメイトたちの手前、あまり暗い顔もできず、元気に見せかけているものの、新学期が始まってからの「Depressed Mode」が何だか払拭できない。いかーんなぁ・・・・と思っていた時に、同じフラットに住む台湾人クラスメイトとひょんなきっかけで、夜中語り合う。

不思議なもので、何だかいつも同じようなタイミングで、同じようなことで思い悩んでいる二人。今回も「こんなこと感じてるのは自分だけかな~」なんて思っていたようなことを、ぴったり同じように彼女も感じていた。状況がちょっと違うのは、彼女は最後の駆け込み寺があること。つまり、このクラスには台湾人のクラスメイトが11人、内女の子が6名いるので、同じような悩みを抱えがちな友達に、母国語で相談できること。正直に、そんな状況を羨ましく思うよなんていったら、「真向かいに住んでいるんだから、悩んでいるときにはいつでもノックしてよ!」なんて暖かいお言葉。

とはいえ、二人してちょっとBad Circulationに陥っているので、結局自分たちが同じようなことを悩み・感じているんだねってことは共有できたものの、完全浮上するためのSolutionは見つからず・・・・・いかんいかん。ぷひー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

15/01/2007

さて次は。

今Termは、前Termに比べてGruop Workが多い。それも自主的につくらなくてはならず、Module(講義)単位に違う。勿論恣意的に、作業を進めやすいように、同じようなメンバーで組むこともできるけれど、思ったよりみんな、「違う人とやってみたい」度が高くて、内容別に違うグループを組んでいる人たちも多い。

今回まずはStartをきったのは、年末にグループを組んだ、Strategy ModuleのGroup Work。各グループ、1つの会社或いは大きな会社の1Business Unitを選び、2月中旬~下旬にかけて、分析結果やら将来に向けたStrategic Solutionを考えて、Group Presentaitonをしなくてはならない。

ということで。5カ国、4種のSpeciality(Finance, Marketing, HRM, Operation)を持つメンバーで構成される今回の我がグループ、いろいろと議論した結果、HMV Groupを選ぶことに。選考過程では、HP, Sony, レノボ、BBC、Appleなどなど、幾つか企業が候補に上がったものの、Technology系はやだ!と強固に反対するメンバーがいたり・・・・で、一番みんなが共通に興味をもっていて、とっつきやすいMusic Retailerに落ち着いた訳。(でも、この業界、Multi-Channel化によるOn-LineBusinessや、Distribution Methodを変えるTechnology革命がおきているし、Technologyも1つの大きなKey Topicなんだけど・・・まいいや)

HMVは、元々がUKで始まった会社で、現在はご存知の通り、日本を含むアジアと、カナダでビジネスを展開しているのだけれど、UKでのPerformanceがあまりよろしくない。最近はMusic, DVD, Gameの小売業に加え、UKで知名度の高い2つのBook Store Chainを買収し、業績改善を目指しているけれど、本業のMusic系の Retailer部分が芳しくない。という訳で、これからどんな風に料理をしていくか・・・。ま、少しずつ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

14/01/2007

平穏なはずが・・・。

最後のChristmas VacationのAssignment提出や、新たなGroup Workがあるとはいえど、この週末は遠出するクラスメイトたちもちらほら。自分もちょっとのんびりと・・・・と思ったけれど。どっこい。

気づいたら平穏な日曜日のはずが・・・・3つもGroup Work関連で打合せが入り・・・気づいたら日曜日も夜中。ああでもない、こうでもないと、Assignmentの最終仕上げ(ABDモジュール)のため、Group Member3名で、押し合いへしあい(?)しているうちに。。Sigh。本当は今週の授業の予習を念入りにやろうと思ったけれど、あえなく敗退。(何に負けた?!)

打合せのうちの1つは、先日のNegociation Practiceをやった結果を受けてのグループ感想文を書くため。今回のメンバー選考、役割分担、結果、そして学んだことは?など、250字で月曜日朝一で提出しなければならない。でも、我がメンバー、いつも物凄いスピードでWriting Essayを書き上げる頼もしい人たちなので・・・・・、結局振り返りをしながら30分で完成。 今回のDiscussionの最中、「今回のタスクについて、正直思ったこと話してみてよ」と何度か突っ込まれたので、幾つか意見を述べてみたところ、うん、うん、そうだね・・・と妙に静かに頷かれる。ただ、自分の貢献度に関する感想(貢献度が低かったー!という自己評価)に対しては、「きみは自分の持分をしっかり果たしたと思うよ!」と妙にまじめに説得される。確かに、打合せ前にばったりあったクラスメイトからも、「聞いたよー!今回のNegociation Task、頑張ったみたいじゃない。事前にきっちりとした分析をしたり、相手方への質問の口火をきったり」なんて・・・言われた。自分のなかでは、理想が高すぎるのか、不完全燃焼気味だったものの、こんな風に(慰め半分?)声を掛けてもらったことは、気恥ずかしいやら、嬉しいやら。メゲズニ少しずつ前進できるようにしよう。

そういえば、今度のEasterVacationは、結構インド人クラスメイト陣、長期で国に帰る人が多いみたい。今回のGroup Workメンバーは二人ともインド人なので、作業の合間に、そんな話がちらほら。(クラスの25%がインド人なので、ま、Group Workをしようと思えば占有率は高い・・・・けど、何だか自分はいつもインド人に囲まれている気も・・・) そして、「Easter Vacation中に、インドにおいでよ!うちに泊めてあげるし、色々案内するよ!」なんてお誘いも。自分のなかでは、留学前から、自分が身を置く業界の特性上、比較的存在感のある国だったとはいえ、ここに来て、沢山のインド人クラスメイトと仲良くなって、今までイメージしていたより、親近感が強くなったのは確か。いつか是非本当に行きたいな。。。

なんて・・・・また現実逃避。宿題に戻らなくっちゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

13/01/2007

久々、ちょっとじっくりと。

Assignmentに、Examinationに、突然のGroup Workに・・・・・と、結局息つく暇もなく過ぎ去った感のある、第2Termの第1週。来週半ばには、Strategy ModuleのGroup WorkのSmall presentation、週末には最後の冬休みのAssignment提出(Group Work)があるものの、ちょっとこの週末くらいは・・・・・と、適度なペースでお勉強。

いつもせわしなく、そして切迫感のある日々だっただけに、少しMy Pace目でいられる分、勉強しなければいけない状況にあるものの、ちょっと心地よい。でも、あっという間に週末1日目も終了。貴重な残りの1日、無駄に過ごさないようにしよーっと思いつつ、複数のGroup Workのタスクの兼ね合い上、明日は多分3つくらいMeetingがありそうだ。。。

そういえば、木曜日と金曜日の夜と、来週末提出のGroup Workのため、Group Memberのお部屋に籠もって、みんなで数値と格闘してたのだけれど、このクラスメイトのお部屋のあるフラット、MBAのクラスメイト率が高いからか、何度なく他のクラスメイトたちが顔を出しにやってくる。そして、そのたびに、いろいろとChat。今まで、会えば挨拶とちょっと会話する程度の人たちだったので、ちょっと新鮮な気分。

なんて・・・・とめどなく書き連ねてみたり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/01/2007

新チーム決定と・・・・成績返却!

昨日は何だか、超凝縮した濃い~1日を過ごす。ということで、今日はちょっと振り返り編。

今Termは、「Global Soceity」、「Strategy」、「Global Economics」、「Human Resource Management」の4モジュールが1-2月中下旬に掛けて講義があり、その後、約2週間位短期集中でConsultingプロジェクトが行われる。講義とProjectの合間には、新しい試みらしいのだが、「Charity Day」なるものがあり、10月にMBAオフィスの方で組み立てられたSyndicate Team対抗の、Volunteerワークなるものがある(未だ詳細分かっていない・・・)

また前期はこのSyndicate Teamが元になったGroup Workが多かったのだけれど、今期はGlobal Societyなる授業を抜かし、Group Workは原則自分たちでグループを組むように指定されている。Strategyの授業のGroupは年末に、そしてConsutling ProjectのGroupは今週、MBAオフィスにGroup構成のリストを提出。ということで、今週のタスク、Consulting Projectのチーム組みではあるが、丁度年末旅行を一緒にしたクラスメイトから、旅行中にこっそり「一緒にやらない?」と打診があったので、あまり苦もなく終了。彼女が中心となり、国籍(イギリス、レバノン、バーレーン、モロッコ、日本・・・・とちょっとアラブに寄り気味?)も、Backgroud(Finance, Marketing, IT, Sales, Operation&HRM)と、それなりにいい感じでばらけたいい感じのグループ完成。 今まで一緒にGroup Workをしたことがないメンバーが殆どで(除くバーレーン人)、一緒にやってみたいなーと思っていたメンバーが入っているし、温厚で、Matureなメンバーが多いので、ちょっと安心。昨日・今日と、「もうどこかグループ入っている?」と、ちょっと一緒にやってみてもいいかなと思うような何人かのクラスメイトから声を掛けてもらったのに対して、乗れないのは残念だったけれど・・・ま、欲張れるものでもないので。。。

と、今期は取り合えずスムーズにスタートしたかな・・・とお部屋に戻ると、11月に提出したMarketing Moduleの結果が、MBAオフィスからメールで配信される。何と・・・・・学生番号と成績がExcelシートに一覧化され・・・・、えーこんな発表のされ方ってと思いながら、チェック。結果は・・・・・、MBAスタート直後に提出させられた、成績には反映されないMarketing Writing Assignmentと全く同じ。。進歩なし。。。というか、同じ成績だけれど、妙に上位のレンジの人数が増えているし、平均点も何だか高い(64点!-- 50点がPass)から、平均超えているとはいえ、後退気味。凹。それに、教科の内容的にも、時間の掛け具合的にも、今まで提出したAssignmentでこれが一番マシなはず・・・ということは、他の教科は相当マズイ。。

ため息をついていると、早速仲良しメンバーたちから、電話&メッセンジャーで探りが入る。多分英語力とかのハンデを考慮して、「よく頑張ったんじゃない!」と励まされるものの(Feecbackにも、Need to Check English much more carefullyとか書かれちゃったし・・・)、みんなが教えてくれた結果を聞くと、何といつもマイペースで、Barに毎日のように出没するし、羽目はずして夜中まで騒いでいることも多々ある面々だけれど、きっちり自分より高スコアとっている!恐れ入りました。。。できる面々だなとは思っていたけれど。。ちなみにその後、比較的話をするクラスメイトたちのスコアを聞いても、みんな高スコア。かろうじて1ランク下の人を何人か見つけたくらい。。。下のレンジの人たちは、リストによると60名位はいるはずの、、いずこに!?実はからくり・・・なんちゃって。

台湾人クラスメイトからは「英語にハンデが相当あるのに、張り合えてて凄い・・・」と褒めてもらったものの、英語力の問題ではないところでの自分の力不足感はぬぐいきれず、超不完全燃焼。。ま・・・・・・めげずに、めげずに。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/01/2007

そしてNegociation演習。

さてとうとう、Negociation Practiceの当日。今回同じチームのメンバーは、最近仲良しな、頭の回転が早くて口のたつ面々。じっくり考えなきゃ駄目で、英語が思うように操れない自分とは間逆なひとたち・・・・。心強いというか、心細いというか・・・・。内容も、Finance寄りだし、自分が貢献できる立ち位置が全く見えず。

ちなみに、当日本番前までに、各チーム、チーム内の役割分担、どういう作戦をとるつもりなのかなどなど、MBAオフィスにレポートしなくてはいけない。で、前日の作戦会議で、4名のチームメンバーの役割分担を考えていたときに、正直に「自分の立ち位置がないと思う」(って正直すぎるのかな・・・)というと・・・・、「You will contribute to it, and HAVE TO!!」。。ということで、心優しき面々がどんなことならできるか・・・と考えてくれ、Negociationにあたって必要な、相手方への質問を投げかける役割を担当することに。

そして当日。明け方少し早めに起きて、質問の洗い出しと、どんな表現を使ったらよいかちょっとまとめ、いざ出陣。ちなみに、我がチームの割り当ては、8時45分からで、前日「じゃ、8時30分にManagment Schoolに集合しよう!」と約束してたのだけれど、相変わらずすっかり忘れているご様子。 Morning Callを頼まれていたメンバーから、直前になって「一緒に集まっていくよ~」と電話があり、結局8時40分(超ぎりぎり!)に大学院寮の辺りで集合し、息を切らせながら会場へ。。

そして本番。結局相手方のLead役のメンバーが、数字に弱いので有名なBritClassmateであったこともあり、Negociation不成立。我がメンバー、相当ご立腹。数値が分からないのに他のメンバーの助言も聞かずに意思決定しちゃったこととか、ちょっと感情的になりかけてたこととか・・・・・・、でもそんな風に我がチームメンバーから矢面に立たされたClassmateを見ていると、何だかちょっと切ない気持ちも。過去の経験として、専門領域としての知識が不足している中で、話を進めなければいけないときの大変さとか、交渉の場での感情コントロールとかの難しさ(言いたくないけれどやっぱり女性特有の弱みもある)とか、過去の自分を見ているような寂しい気持ちに。それにFinanceに弱いという点は、同じ・・・・本当は、MBAに参加することで、Financeとか、Accountingとか、専門領域外だけれど大事なトピックを、標準レベル位には引き上げたいと思っていたのだけれど、他のクラスメイトに比べると、ホントついていけてない自分がいることをよく分かっているから。

なんて、色々感じているとやっぱり暗い顔をしていたのかな・・・・部屋に戻ると、今回のチームメイトで、いつものEncourage Memberの一人から、Messangerでまた励まし。「Good Job! You Spoke Today!! It wasnt that hard right?」 本当に有難う・・・・と思う一方で、もうこんなNegative Modeで、くよくよし通しの自分から早く卒業したいと痛切に思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/01/2007

Negotiation三昧。

第2ターム開始後、2日目。終日Negitiation SkillsのLecture。Negociationの基本的な考え方、TIPS、などが挟まりつつ、2つのPractice機会もあり、普通のLectureよりもInternactive。1つ目は1対1で、車の売買に関する交渉。Dealer側とConsumer側にシナリオが渡され、それを元に最終的にどんな数値で合意或いは非合意となるか・・・・がPracticeのOutput。そしてもう1つは2対2で、とあるHotel運営会社と、その会社にアルコール類を卸すビール会社との間の交渉。

これらのPracticeを通じて・・・・・またしても凹みまくり。言葉ができないことのつらさ。1対1の対戦では、Professorから「ありえない・・・」と言われるNegociation結果を出してしまい、クラスで失笑される。対戦したクラスメイトは、いつもの仲良しなインド人クラスメイトのうちの一人。頭の回転も早いし、口もたつし・・・・・防戦したものの、英語での応戦力、車の取引に関する知識のなさやら、数値に弱いことも手伝って、結局根負けしたのが原因。 もの凄く悔しい。負けたということよりも、全然ついていけない自分に対して。。。

そんなことも手伝って、ちょっと心に蓋をしていたつもりのはずが、一気にNegative Modeへ。丁度、よく励ましてくれるBritクラスメイトの「どうよ、元気?」という言葉と共に心が崩れる。英語が一向に伸びないことの苛立ち、自分の力なさ加減への苛立ち、Vacation後に感じていた孤独感・・・・、ちょっと色々なことに無理しすぎていたのかもしれない。情けない・・・・と思いつつ、結局行き場のない気持ちを聞いてもらい、気晴らしに他のクラスメイトの車で軽くShoppingにつれていってもらったり。なさけなさし。。。

そして夜には今回のNegociation SkillのGroup Workの打合せ。明日朝一で、今度は4対4でのNegociation Playが繰り広げられる。シナリオはVenture Capital VS Venture。ここでもまた、まだ気持ちが回復していなかったこともあり、みんなに何となく心の不安定さを見透かされる。「You look crying....?」と何度か突っ込まれ、「そう?」と交わしつつも。。。いかんなぁ。。。

ホント、落ち込んでる暇があったら、必死に追いつくために勉強しなくっちゃ、なのだけれど。今日からこそは、ちょっと気持ちを入れ替えて、復活しなくっちゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/01/2007

そして第2ターム開始。

前日10時間も眠ったというのに・・・試験の疲れいえぬまま、早速第2タームのLecture開始。今日火曜日から約2日とちょっと、Negotiaion Skillsという授業が行われる。

初日ということもあり、この1月から正式なNew DirectotとなったOliverさんからの「Welcome Backメッセージ」に続き、早速本番へ。

前Termで学んだことは・・・?という頭を復活させるためかのような問いかけから始まり、個人の適性を如何にチームで活かすかということがまずはのトピック。授業のなかで、Colourがその人の性格をあらわすみたいな話が取り上げられ、各自青、赤、緑、黄色のどのカラーが自分を表すか・・・・考えさせられる。結果・・・・何と青を選んだ人の多いこと、多いこと。自分はというと・・・・超少人数の黄色。正確には忘れたけれど、SupporterとInspeierの気質が混じったような内容。周りのクラスメイトや、グループメンバーに「納得・・・」なんて言われましたが、本当のところは!?

そして授業の最後に、明日から始まるGroup対抗のNegociationチームの結成。いつもなら、今まで組んだことのない人と・・・と思うのだけれど、ちょっと精神的に疲れているのと、自分に声掛けてくれる人いるかなーなんて超Negative思考にいるため、即効横にいた以前のOperation managementチームメンバーの一部とグループを組むことに。でも組み込まれた後で、一緒にGroup Workやってみたいなと思っていた人に、「Do you need a group?」と聞かれたのは残念ではあるけれど・・・、慣れている人とやる方が、今の自分にとっては精神的に浮かび上がらせるにはいいのかもしれない。

夕方には早速NegociationのRole Playをする時のCaseが発表。本当は今日から準備しなくっちゃなのだろうけれど、みんなお疲れの様子で、「打合せする?」と聞くと、「飲みにいく?」と返事。。(答えになってない・・) きっと明日夜から、明後日の朝の事前準備資料提出までの間にまた、徹夜かな・・・・ま、いつものこと。それよりは、来週末に提出する最後のAssignmentを何とかしなくては。。。

さ、またToughなコースの再開再開。Work Hard, Paly Hardでいきましょう。(いけるのか・??)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/01/2007

そしてCase Exam。

とーと、Case Examinationの日。広い講堂にMBAクラスメイト全員が集められ、3時間半、事前に配布されたNHS(英国の公的医療機関)のStoryに関して、記述式の試験。誰かが「何だか受験しに来たみたい」とつぶやく、確かに大学受験のときのような雰囲気。

結局直前まで、試験会場に持ち込み可能なCase Book(50-60ページ位のノート)に、あきらめ悪く色々当日までに集めたネタ(TextBookにあるFrameWorkとか、クラスメイトたちがまわしてくれた分析結果とか)を書き込みまくり・・・・・というか肝心なのは、分析結果なのに、時間切れ感がありあり。。

席に着き、みんなの様子を眺めると・・・・・・おぉ、みんなCase Bookが太っている!色々なメモを糊で貼り付けて持ち込んでいるのがありあり・・・考えることはみな同じ♪なんて喜ぶ暇なし。問題を開くと-今年は4問も!ひどーいT_T でも見事に昨晩「この辺が気になるな~」なんて思って、書くネタになりそうな部分をピックアップしておいたところばっかり!通常こういう人は、完璧にできるはずですが・・・・・わかってはいるものの、見事に時間切れ。それに、書き始めにStructureを念入りに考えた割には、めちゃ意味不明な論文が見事に4つできました。。。。これは完全に追試組みだー! 昨年は10人(あれ、正確な人数忘れた)位、追試になったらしく、みんなで戦々恐々。。。

試験後・・・・「きみが分析してくれたところ、そのまま使えるとこあったね、うまくまとめておいてくれたから、役にたったよ!さすが」と仲良しなクラスメイトからコメント。。。はい、確かに自分自身でも使いましたが、昔から人に知恵を貸しておいて、自分は成績悪いことが多いんだよな・・・まただー!と思いつつ。落ちていないでくれればそれでいいです。。。(でも結構絶望的かも。。)

ということで、幾つか打ち上げにお誘いもらいつつ、あまりに疲れていたのか早くにベッドにダウン。明日からまた授業開始です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/01/2007

今度はみんなですし詰め。

とうとう・・・何だか進捗も達成感もないまま、Examination前日を迎える。一人で格闘していても、マズイ・・・・でしょうということで、誘われるがままに、前日の延長戦、ちょっと人数拡張して、Management School内にあるMBA学生の自習部屋(Base Roomといいます)に全員で向かう。

さて、ではみんなで手分けをして、Marketing & Operation Managementのモデルを使って片っ端から分析していきますか・・・・と各自作業を始めたものの、Writingのエッセーも翌日提出なこともあり、他のクラスメイトたちも、ちょろりちょろりとこの部屋に姿を見せ、気づいたら、今回のNHSのケースに関してのDiscussion大会の始まり。一時は10名位まで増える。。

ちょっと入りたいと思いつつ・・・・寝不足も手伝い(言い訳)、みんなが興奮してしゃぺっているので、ついていこうにもついていけず・・・・、ぼーっと聞いていても時間の無駄!と黙々と担当分の分析をする。そして気づいたら夜も11時!そこから、お互いの分析結果をShareしたり、こっそり回ってきた更に他の人たちの分析結果までShareしあったり。。今回、Case Studyの紙以外は、原則持込はCase Bookと呼ばれるNote Bookのみが許可されている。で、書き写す時間のない自分たち・・・・・教科書にある重要そうな説明と、分析結果をコピーしまくり、Case Bookにぺたぺたと貼るという作戦に!

何となくものがあると勉強した感があるけれど、実際は自分が担当した箇所以外、全然分かってない~~!楽しかったけれど、何だかちょっと勉強アプローチ間違ったかな。。。ともあれ、時間は取り返しがつかないので、夜中に格闘することに。

そういえば、今日ずっともくもくと作業をしていたからか(本当はまた勉強しながら、英語のことで色々落ち込んでたりもしたのだけれど)、「どうしたの、今日静かだね?試験がそんなに不安?大丈夫だよ、人生終わるわけでないし!」なんて励まされる。(いや、試験はそれほど人生と比較するまで悩んでいないんだけれど、、、)

いかーん、暗い顔はそうそうしないようにしなくっちゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/01/2007

更に籠もる・・・そして。

初めてのCase Examiniationに向けて、最後の週末。

ちょいと用事(大したもんでないのですが・・・)を済ますために、朝Townに出かけ、戻ってきた後は、ここ最近と同じく・・・・部屋にこもってCase Study分析。何だかまともにやると、ずぶずぶと沼にはまっていく感じ。。Case Studyを読んだ感じでは、過去のビジネスIssueは触れられているのだけれど、現在の状況については、ちょっとさらっとした感じで、「で、今どうなのよー!」と思っていながら、ネットでSurfing(遊んでません、今回は!)、そして時間はあっさり過ぎ去る。。。

今回の試験は、MarketingとOperation ManagementのIntegrated Case Examと呼ばれているものなので、出題されそうなトピックを予測しつつ、色々なモデルで分析をして、どんな問題がでてもいいように備えなくっちゃと思っていたのに。。。。う。

そして日付も変わるし、ま、あきらめてそろそろ寝るかな~と(いいのかっ!)思っていると、「今からDiscussion するからおいで~」とクラスメイトたちに呼ばれる。「でもその前に恒例のアップルケーキ食べてからね」と。このケーキ、アップルパイちっくなのだけれど、表面がざらざらっとしていて、彼らのお好みはこのケーキの横にこってりと大量のカスタードクリームをかけて食すというスタイル。大き目のSuper Market(彼らはいつもSainsburyのものを愛用)で、Ready Mealとして売られているので、大体オーブンに30分くらい入れておくと、はい、ほかっほっかのものができあがり。

そんな訳で、進捗芳しくないから故、ちょっとみんながどんなアプローチで勉強しているのかを知りたいと、参加。夜中にケーキを食して、夜中1時にManagement Schoolに移動して、ちょっくらどんな風に対策したらよいか・・・と話をして、結局1時間程度で引き上げる。いつもながら、My Paceな面白いメンバーたち。。

・・・・・は、でもこんなことしてるからいっつも切羽詰まるんだったー!いかん、ちょっとTime Managementの仕方、また考え直さなくっちゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/01/2007

何故だか妙に。

Christmas Vacationも終わりが近づき、休み中に出ていたAssingmentの提出&Examination実施の日が刻々と迫る。お正月明けから格闘していたものの、なかなか思うように進まず、結局1.5日ほどOverして、やっとAssignmentに無事ケリをつけ(って、遅すぎ!!)、来週月曜日午後にあるCase Study Examinationの準備へ。

クラスメイトの動向は大きく2つに分かれる。先手先手で着実にAssignmentを進め、お正月明け後には、Examinationの対策に入っている組。そして最後までAssignmentをひっぱりまくりで全てが滑り込み状態な組。そして私は当然・・・・・後者。ここ1-2日で、祖国に帰っていたり、旅行をしていたクラスメイトたちも、ぱらぱらと寮に戻りだし、道で出会うと、Assignment進捗の話ばかり。また電話やMessangerでも、それとなーく状況を聞かれたり。で、発覚。てっきりみんな賢く進めているのかと思いきや、結構呑気な組が多いみたい。。。そして切羽詰っている割には、途中で買い物に出かけちゃったり、スポーツしに行ってたり。My Paceさがそれぞれ違い、面白い。

なんて感心している時間はなく・・・・・あと2日で、Case Studyの準備を終えなければならない。今年のCaseは、NHS。ここ約10年で、Call CentreやらOn-Lineサービスやらを続々と立ち上げているのだけれど、それまでの経緯と、何段階かに分けてサービスを拡充していっているその過程がCaseには書かれている。当日は3問程度、MarketingとOperationManagmentの観点から、質問が出るらしく、その内容を推測しつつ、Caseの分析をしておかなければならない。当日は事前配布されたこのCase Studyの紙と、このCaseStudyについて自分なりにまとめを書いたCase Study Book、そして紙ベースの辞書のみが持ち込み可。はぁ、気が重い。

そんな訳で、ここ2-3日部屋にこもりきり。時折休憩がてらに、食材の買出しに行ったり、Messangerでチャットしたり・・・・・・程度で(人のこと言えないほどMy Pace..)、自分で言うのも何だけれど暗い生活。。。そしてちょっとここ最近気になっている人関係のこと、頭のなかでぐるぐると考え始めてしまいだす。別に何か喧嘩をしたわけでも、キマヅくなるようなことをしたわけでもないのだけれど、新学期が始まったあと、元の仲間たちが戻ってきたとき、何となく自分の所在の置き所がどこなのか、ちょっと分からなくなってきたのだ。自分にとっても、相手にとっても大事だなと思い合える友達が少ないながら誰なのか・・・それがこのVacation期間中、特に誕生日を迎えた日に、急に自覚できてきた気がするのだけれど、一方でちょっと言い表しがたい不安な気持ちが膨らむ。(超抽象的・・・・でもちょっと文章にしづらい、、) 多分、色々考えすぎ・・・・なのかもしれない、けれど妙に孤独感を抱く。そう、そして感じる。今この地において、自分の存在って、どれほどのものなのだろう。

そんなことを考えていた時に、「休憩がてら、Coffeeでも飲みにおいで~」と声が掛かる。うーん、頭の中の雲を取り払うか!とちょっとお散歩がてらに立ち寄ってみる。そして雑談を交わしているうちに、ちょっと気づく。友達の多い(ように見える)彼も、何だか、人関係で今感じていることがあるみたい。思えば、日常母国語ではない言葉で、文化と宗教の違いう人たちと、一緒にいつづけるうちに、みんな無自覚のうちに、ストレスを膨らましているのかもしれない。文化や宗教の違いを楽しめる時もあるけれど、言葉の壁などから、思うように理解してもらえないとか、すごく表面的に付き合われているなと気づき、孤独感を感じたり。よく考えれば当然かもしれない。

なんて・・・・・収拾がつかなくなり始めたので、今日は打ち止め。はぁ、いかん。

P1010461

誕生日のときにもらったワイン、一応記念に。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

04/01/2007

真夜中恒例。

とうとう刻一刻とAssignment提出日と試験日が近づいてきた。今回の冬休みの宿題は、結局こんな内容。

①Finance:過去のM&A案件分析して、1000字で記述

②Organization Behaviour:アサインされた企業をOrganization Behaviourの観点から分析して3500字で記述するもの。一応12月初めに、Group Workの一環として、既に分析して、結果をプレゼンしているのだが、今回は個人の見解だけを記述しなければならない。Group Work時に結構アイディア出しちゃった身としては、キツイ。。

③Analysis Business Decision(ABD): いまだ宿題の内容すら理解してない・・・・(終わっている。。)一応GroupWorkで、これはちょっと締め切りがずれている

④休み明けすぐに・・・・Case Study Examination:年末に約12ページ位のCase Study Storyは配布されていて、問題は当日配布される。今回はNHS(英国の公的医療機関)のケース。

そして進捗。①のドラフトは年内にケリをつけ済み。後はちょっと読み直して、ちょこちょこ直前に直すのみ。そして②のドラフトは、とうとう今日完成!・・・・でもかなりひどすぎる。眠い頭で書いたから、Logicも、英語もボロボロ。喜び半分ぼけっとしていると、クラスメイトからメッセンジャーで話しかけられる。お互い夜型人間なので、ここずっと宿題と格闘している時期には、夜中に励ましあいやら、気遣いあいやら、先月からちょっと恒例になり気味。

と、何だか話の流れ上、今回の宿題のProof Readingの役を引き受けてくれることに。以前までの宿題は、他のBritクラスメイトがやってくれていたのだけど、あまり毎回やってもらうのも、負荷だしと思っていたので、ちょっと話に乗ってみる。感謝なのだ。えへへ。でも今の状態でそのまま見てもらうと、死ぬほど時間が掛かってしまうはず。。。気を入れなおして、ちゃんと見直しして、もうちょっとましなドラフトにしなくっちゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/01/2007

ちょっと見ぬ間に・・・・£大いに育つ。

MBAコースが始まってからこのChrismas休暇に入るまで、びっくりするほどお金を使わなかった(何と週まとめ買いの食材+生活用品だけ・・・£15以内/週)こともあり、すっかり為替情報に疎くなっていた自分。

先日クラスメイトとおしゃべりしているときに、£が高くなっているから全預金を自国の通貨から£に全て両替しちゃったと聞いたのを思い出し、通貨情報を調べてみると・・・・

\(@O@)/ ガーン・・・・・・1£=約232円!それも12月に急激に上がっている。。。。

自分が日本を発った7月中旬、約217円位だったような。この金額だと、手数料込みになると240円とかになってしまう?よりにもよって、1月中旬には分割払いの学費と寮費の支払いがあるので、このインパクトは大きすぎる。留学当初に考えていた貯金のやりくりを大いに見直さなくては・・・・Sigh。。。

確か友人が留学した3年前位には、1£=約190円だったとかって話を夏に聞いたのだけれど・・・・誰か£高を止めてくださいな。なんちゃって。

はぁ、宿題にも切羽詰っているし、ダブルパンチ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

02/01/2007

ついでに誕生日・・・新しい歳。

お正月三が日・・・・・それは年が新しくなると共に、歳も重なる。そう、今日は誕生日。気づけばあっと、30代も半ば近くに突入。(いやちょっとさば読み?)

思えば30歳を迎える迎える前、そしてなったばかりの頃には、結婚もしてない、キャリアチェンジをしちゃったばっかりに毎日ハードな生活を送っている・・・・で、自分のことを時折Negativeに考えることが多かった。でも不思議なもので、昨年の誕生日あたりからか、急に自分の年齢が好きになってきて、肩の力も抜け、自然にしていられることが多くなってきた。(う、負け犬まっしぐら?) そんな訳で若いクラスメイトの面々から歳を聞かれても、即答。 現在仕事をしていないし、若いクラスメイトに囲まれているからか、気持ちが若いようで、見た目も若く見える(大体25歳位といわれる)ことをいいことに、驚かし半分で。。

そして今日、日本のお友達そして母からも、メールに、SNSのメッセージに・・・・とお祝いメッセージをいただく(みなさん、有難うです ^ ^/) 正月生まれ故に、小さな頃からお友達を招いてのお誕生日会というものの経験がほぼない自分・・・・・コース中に誕生日を迎えたクラスメイトたちは、Web BoardというMBA学生共有の掲示板にお祝いメッセージが寄せられたり、Partyをしてもらったりですが、休暇中で人も少ないし、取り合えず今日は大人しくお部屋でお勉強。

と、そんななか・・・・「Happy Birthday to You♪♪♪」と大声で歌うなどお祝いをしてくれるお電話が何本か届き、その後前後してメールにSNS(Orkut)にとメッセージが届き、何とMessangerの自分のPersonal Message欄に「Happy B day to xxx!」なんて書いてくれるクラスメイトまで・・・・・。そう、そして内輪で今日はPartyをしてくれるらしい。(あー、でも計画倒れかも?)

ということで、ちょっと宿題手付かず。いかーん。まずーい、でも嬉しいです。本当に有難うデス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/01/2007

そして新年を迎える。

年の瀬も迫りくる31日お昼・・・・・・・留学先のLancasterを車で出発し、新年をお祝いする地Londonに向かう。途中Birminghumでぷらぷらっとお買い物などしつつ、約4時間後、まずはホテルを押さえたMilton keynesに到着。Milton Keynesは、London近郊の街で、ここ自体にも大企業がOfficeを構える他、電車で30分、車で1時間位(?)の近さもあり、Londonへ通勤する人たちも多いとか。 何だかこざっぱりとしつつ、広々としつつ、住みやすそうな街。

さてLondonへ向かうか!というところで、はてLondonのどこで祝う・・・?と、他のBrit Studentsにコンタクト。そして発覚。馬鹿たか。その上、今年は例年行われるFireworkが悪天候のため、急遽中止となり・・・・・・結局Mitlon Keynesにて新年を迎えることにし、当地がHomeTownのようなBritクラスメイトお薦めのClubへ。

いつも馬鹿騒ぎをしているメンバーではあるけれど、年が明ける前はちょっとしんみり。ここLancasterで、卒業後も長く付き合いたいと思える大切な友人たちに出逢えたこと、そしてそのメンバーで新しい年を一緒に迎えられることへの感謝を口々に交わす。それに、大事な、尊敬できる友人だからこそ、これから残る学生生活中、困ったことがあったら絶対相談しなよ!なんて言ってもらったり。。今回残念ながら一緒に来られなかった仲良しなメンバーたちも含め、ここでの友人たちは、文化&宗教は違えど、損得勘定なし、そして男女の垣根を越えて人として大事にお互いを思いやる、そんな暖かい気持ちの持ち主たち。日本でもそうだっだけれど、本当にまたしても感謝の気持ちでしんみり。

そんなしんみりとした雰囲気も、年明けと共にひとまず終わり。会場にいた見知らぬ人たちともお祝いをしながら、2007年を無事迎える。 時が過ぎるのは本当に早い。そしてこの海外留学生活も二度と味わうことがないかもしれない。だからこそ、今年は1日1日を本当に大事に暮らしたいと思う。(あ、そうだ、毎日に指標となる今年の目標も立てなくっちゃ。)

何はともあれ、Happy New Year!今年が皆さまにとって素敵な年となりますように!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »