« Strategy Module。 | Main | 万国共通-女性のヘアカットへの反応。 »

02/02/2007

言葉を超えたところにある友情。

何だかいつも気が抜けない状況が続きつつも・・・・、プレゼンが多かったStrategy Moduleの連続授業が終了したその日、いつもの仲良しメンバー+αとしっかり息抜き。夜中から久しぶりにTownのClubにお出かけ。この日は、2大メジャーClubにて、中国、スペイン、ギリシャパーティーが催されていたようで、欲張り我が集団、両方に潜入。

・・・・なんて、実はちょっと人関係で嫌な気持ちになっていた自分。移動途中にそんな様子をしっかり見抜かれ、仲良しメンバーのインド人の一人とちょっと歩きながら語り合う。彼はいつも怒涛のようにしゃべりまくり、とてもAgressiveな面が多いのだけれど、彼自ら言うとおり、自分に対しては温厚な態度を見せる。理由は「尊敬できて、卒業後も友達でいつづけたいと思う、非常に数少ない大切なクラスメイトのうちの一人だから」らしい。

そして、実際自分も彼を信頼できる人、大切なクラスメイトと思っている・・・ということで、あまり他の人には言いづらい、悩んでいるある特定の人間関係をポロリとこぼす。何故なら・・・・いつも不思議なほどお互いイイタイことの深い意味まで理解しあえていると思うから。そんな彼からの一言。「一体このクラスのなかに、1年後コンタクトをし続けている人が何人いると思う?よくて5%くらいだよね。だから僕だって、本当に大切と思える相手以外には、それなりの付き合い方しかしてないんだ。とにかく自分を嫌な気持ちにさせる、理解してくれない相手のことでくよくよする時間、もったいないよ。考え込むなって。ちなみに君の悩んでいる相手については・・・・うん、考える価値なし。(ばっさり)」 そつなく多くのクラスメイトと付き合いを保つ彼からの一言に、はっと目を覚まされる。

その他、自分にとってはとても大切に思うものの、Party好きで多くのクラスメイトや他コースの学生たちとのネットワークを保ちつづける仲間たち(この彼を含む)、自分は単なるOne of themなんだろうな、片方向の思いなんだろうな・・・なんて思っていたのだけれど。この日の語り合いから、彼らも自分を大切な人として考えてくれているのかもなんて感じる瞬間も。何だかちょっと元気にさせてもらったとき。・・・・・それに、いつもまさにマシンガンのようにしゃべりまくる彼だが、なんと、「ゴメンよ、やっぱり英語は外国語だから自分が今伝えたいと思っていることが、うまく言葉にできないよ」と。でも不思議なほど、彼が何をいいたいか理解できた自分。相手をきちんと理解したい、何かを伝えたいと思う、こうした友情の力を改めて実感。

留学前には、日本という、小さく、そして海外との付き合いが決して上手とはいえない国での暮らしを通して芽生えていた、インド人という人種に対するいい意味/悪い意味も含めた偏見は、この地で本当にことごとく変わってきている。そしてこのクラスで自分が付き合いを続けていきたいと思える人たち-自分も考えてみると、インド人割合がかなり高い。何だか不思議なものだ。

でもこの時間も残り半年とちょっと。大切な仲間たちとの時間、大事に過ごしたい。

|

« Strategy Module。 | Main | 万国共通-女性のヘアカットへの反応。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93338/13780012

Listed below are links to weblogs that reference 言葉を超えたところにある友情。:

« Strategy Module。 | Main | 万国共通-女性のヘアカットへの反応。 »