« さすがにちょっとどうかと。 | Main | プロジェクトリリース。 »

05/05/2007

Must vs Had Betterな関係。

今日土曜には、当初予定されていたあるクラスメイトの女の子の誕生日お祝いする企画が拡大し、最近誕生日を迎えた他クラスメイトたちもお祝いするBBQPartyへと拡大。相変わらずみんなMy Paceに現れつつ、気づけ30名近くが集合。そんななかでふとまた感じはじめる。つまらないことかもしれないけれど・・・・・今年の初め頃からずっと考えていたこと。自分のIdentity、どこかへの所属意識、そしてクラスメイトたちとの友情関係。

今年のクラスは、インド/パキスタン系 25名、台湾&中国系15名、イギリス人9人、ドイツ人3名、ギリシャ系4名、韓国人3名、日本人3名、その他ぱらぱらと1-2名の国々。計24カ国85名。国籍を超えて仲良く・・・といいつつ、そして一緒にワイワイとPartyしたり遊ぶことはありつつも、やっぱり何かという時には同じ文化圏の仲間うちで結束しがち。Cultuer/Religion上のFestivalなんかがある時には仕方ないかなと思いつつ、それ以外の時でこの何か入りがたい絆を感じる時には、寂しさがよぎる。

自分が仲が良いと思っている面々も、「You are always Welcomed」と言ってくれて一緒によく遊んだり、彼ら独特のペースの行動にしかっとはまっていたり(言葉で言い表しがたいのだけれど)、困っている時にすかさず助けてくれたり。そしてここ最近、自分が大切だなと思っている面々から、そろそろ卒業して離れ離れになる時間が迫っているということを意識し始めたからか、個別に個別に「You are my special friend・・・like my favourite friend」と言葉として出される機会も急に増える。そんな言葉を通じて、個と個の関係として、お互い共通して感じあう感情が芽生えていることを確信する。でも、やっぱり、どこか時折壁を感じる。そして気づいた言葉、「You are friend of us」。つまり、決して「Us」側には入っていないのだ。

仲の良いメンバーがみんなで何かしらのイベントごとをするときには、大体呼ばれる。でもこのイベントごとは大抵、この「Us」が象徴する4-5名程度の小さなグループの集合体で行われ、自分が個対個という形で関係を築いている友人たちが、これらの小グループに分散していたり、とある1固まりのグループだったりするから、誘われるというのが理由。だから、多分思うのだ、自分がふわふわとした存在で、コアな拠り所のない不安定さに対する寂しさ、そう自分はここの誰ともMustな関係ではないのだ、きっと、って。それにちょっと感じたこと、自分が個として良い関係を築いていて、可愛がってくれるクラスメイトたちがたまたまCoreな人物たちだから・・・・という理由だけで、近づいてきている人たちも見え隠れしていること。

個対個の点と点でつながる友達とは、短い会話、目と目を見ただけでも、お互いの暖かさを感じる。自分がどこか寂しいそうな目をしたり、困っていたりしていると、彼ら&彼女たちは何故だかすぐに察知して、一声を掛けてくれたり、時には無言できゅっとHugしてくれる。 でも、自分自身で感じている、退屈な自分。人間的深みも不十分で、派手さがあるわけでもなく、特別面白いことや気の利いたことを言えるわけでもなく、更には英語が行き詰まり会話が長続きしないこともあったり。多分、それに気づいているから、いつも不安にさらされているのかもしれない。自分を大切な友達と言ってくれているものの、彼らは自分のどこに価値を見出しているのか、こんなつまらない自分のどこに? そして彼らには「所属している」それぞれのグループがあり、そこが彼ら彼女らの帰っていくところとして存在する。何か入りがたい空間。その透明だけれど打ち破りがたい壁が自分を妙に寂しくさせる。

何だか不思議な気分、でも・・・・・。

|

« さすがにちょっとどうかと。 | Main | プロジェクトリリース。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93338/14979036

Listed below are links to weblogs that reference Must vs Had Betterな関係。:

« さすがにちょっとどうかと。 | Main | プロジェクトリリース。 »