« 初Client Meeting。 | Main | Farewell 三昧。 »

15/06/2007

Party Girl表彰さる。

とうとう終わりはどんどん近づいているのだなと、さらに実感させられる時・・・・この日はMBA Office主催による、Farewell BBQ大会。学生主催のBBQは、ただでできる大学敷地内の芝生の上だけれど、さすがにOffice主催は違う。キャンパスから歩いて20分程度のところにあるBBQスペースを借り切り。

先週までの間に実は、MBA OfficeによるSurveyがあった。内容は、「クラスでDiscussionに貢献した人」、「クラスでSocial Activityに貢献した人」、「クラスメイトに対してHelpfulだった人」、「将来のBusiness Leaderとしてふさわしい人」(あと1つ忘れた・・・)など6つ程度の項目に対して、6名までNominate、そして最後に「The person of the MBA」に1名をNominateするSurvey。この日はその結果発表。MBA Directorより、各項目、6位から順に名前が読み上げられ、1位を取得した人には、表彰状とシャンペンが贈られる。

Dsc03667 P1040439

自分はというと・・・何と「Most Siginificant Contribution to the organization of social activites for the MBA class」に選出されました。。Social ActivityのCategoryではどこかの順位には入るかもとは思ってはいたけれど・・・1位の時に名前が読み上げられた瞬間、みんなから盛大な拍手と名前を連呼してもらい、かなり恥ずかし目。。「Partyがあるところにはきみがいる」(みんながきみを好きで、Partyがあるときみに声をかけているからだよとかって褒めてはもらっているものの)のParty Girlの名に恥じない結果?? その他では、Helpfulだった人カテゴリーで4位、The person of the MBAで同じく4位に入賞。。

全体の結果としては、多少順位に変動があるとしても、選ばれている人は共通していたといった感じの結果。確かに自分も投票するときに、結局選ぶ人は重なっていたし、多分クラスにおいて印象が強い人というのは限られているからかな。地域別に見ると殆どアジア系学生が入っていなかったこと。インド系は少し、そして殆どは欧州系学生。それから各項目で1位を取得する人のなかに、女性が自分しかいなかったこと・・これはちょっと寂しい。

ちなみに今年のThe Person of the MBAはイタリアンBrit。授業でのDiscussionではたまに発言するという程度だったし、Presentationもあまりしない方だったけれど、各Moduleでクラストップを数多くとりまくっていた人。

表彰が終わったあとは、用意されたBBQ系の食事とドリンクを取りながらしばし談笑。仲良し面々からは、「Congratulations!!! You are most deserved of this Award!」とHug、握手さまざまな形で祝福してもらう。中には「I voted you for The Person of the MBA, as well. So it's regrettable that you have not received this award. You are deserved of that awad!」なんて残念がってくれる人もちらりほらり。自分に投票してくれた人たちの投票理由は、クラスで一番Progressした、貢献したということらしい。そんな風に感じてくれる人たちがいてくれただけで、十分。:)

という訳で、本日はまたみんなで打ち上げ。

|

« 初Client Meeting。 | Main | Farewell 三昧。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93338/15473530

Listed below are links to weblogs that reference Party Girl表彰さる。:

« 初Client Meeting。 | Main | Farewell 三昧。 »