« 怒涛のプロジェクト。 | Main | Recruiting Agency!? »

03/07/2007

(仮)社会復帰生活2日目。

Summer Projectとして、何度か足を運び始めたClientさん先。今週からは、週に2-3度、朝可能な限り早い時間から(何せ通勤に3時間以上かかるので)、夕方まで、オフィスに滞在する生活が始まる。朝7時にCampusを出発し、7時15分Lancaster発の電車に乗り・・・・と、周りの乗客も通勤客ばかり。自分たちもスーツを着ているし、何だかちょっと社会復帰した気分。

昨日の日記に書いた通り、今週は怒涛のInterview週間。そしてこれまで多国籍それも、インド&中国/台湾系が比較的比率として多いキャンパスから、Pure英国人が圧倒的な数を占めるOffice。キャンパスにいるときには、自分が異国人ということをちょっと忘れがちだったけれど、このOfficeではアジア系の女性が皆無。オフィス内を歩いていると何だか視線が集まり、自分が異質な存在であることを思い出させられる。

そんな感想はさておき。今回のプロジェクトは、昨年からHireされたManaging DirectorさんもSupportしているということもあり、通常のコンサルティングプロジェクトでありがちな、一部お客さんがなかなか協力をしてくれないという事態は今のところおきていない。逆に妙にみんな協力的。忙しそうなのに、雑種雑多な話を聞かせてくれるし、欲しい情報は何でもくれる。何だかちょっと気味が悪いくらいスムーズに事が進む。英国企業ってどこでもこんな感じなのか、それともこの企業が特別なのか。

それから過去のConsulting Projectで、この企業と非常に類似したBusinessをしていたお客さんを担当していたことがあるので、色々とBusiness Issueとなりうるネタを掴んでいたつもりだけれど、何だか全然この過去の経験とかすらない。妙に何だかいろいろうまくいっているかのように振舞われる。(或いは本当にうまくやっているのか・・・まだつかめない

でも1つ言えることは、この新しいManaging Directorさんが物凄いLeadership力を持っているカリスマ的な存在にあるのだということ。従業員みんなが口を揃えて、企業合併を繰り返してきた故にまとまりにかけていたこの会社を、良い方向に変えてくれる人、そしてそんな彼についていきたいと真顔で話をしてくれる。短期間でこれだけの人をひきつける人ってどんな人なんだろう。興味が高まる。

とはいえ、毎日6-7時間かけての通勤はさすがに体力消耗。ちょっとお疲れモード全開。

|

« 怒涛のプロジェクト。 | Main | Recruiting Agency!? »