« 他人のCultureを知る機会。 | Main | UK Summer Sale。 »

20/07/2007

修士論文・・・・書き上げられるのか!?

少々連日の睡眠不足気味な状態を我慢しつつ、この日の朝は少し早めにスタート。

相変わらず続いている・・・・Consulting業界に就職したいクラスメイトのCVのReview大会をまず終え、現在MBAオフィスにて閲覧可能な、過去の修士論文を見に赴く。自分はSummer Projectをやっているので、Summer Projectを選択した学生の論文、仲良しメンバーのIntereshipに参加中の友人はIntership型の論文を黙々と読む。

・・・・・お互い読んでいる途中に目があった時には、同じ感想を持っていた。「こんな論文、自分たち書けるの???」  前もって、修士論文に関するGuideに書いてある、推奨されるStructureとか、それとなく目を通していたものの、15000字の論文を読み始めると、何だかずしりと重いものが・・・・

でも感じたこと。これはこの1年間の集大成であると共に、これまでの約10年ちょいの自分の仕事人生の集大成にできる論文を書きたいと。Summer Projectだけでも大変ななか、修士論文のためにLituretureReviewやら、Academic Modelを使ったProjectとは別に行う分析などが待ち構えており、Passさえしてくれれば・・・・なんて想いも時折横切るので、どこまでこのMotivationが続くか分からないけれど。。。

・・・・なんてMotivationを抱きながら、この夜は、一部インド人クラスメイトたちが共同でお引越ししたTownの一軒屋のお披露目Party。久しぶりにMBAクラスメイトたちが集まる。みんなもうすぐこのコースも終わり、離れてしまうんだ・・・・という想いが、最近人々の連帯意識を強めているみたいで、ここ最近参加するメンバー構成も大分雑多になってきたものだ。そんなみんなの意識とは相反して、何故かあまりPartyに行きたい気持ちが薄れている自分。新しい人間関係の開発よりも、大事と思う人たちとの時間を大切にしたいと思っているから・・・・でも、そんな自分にとって「大事」と思う人たちは、未だPartyingを楽しむ。ちょっと複雑な気分。

|

« 他人のCultureを知る機会。 | Main | UK Summer Sale。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93338/15862861

Listed below are links to weblogs that reference 修士論文・・・・書き上げられるのか!?:

« 他人のCultureを知る機会。 | Main | UK Summer Sale。 »