17/08/2008

これからUK留学される皆さん向けのパネルディスカッションに参加して。

日本に帰国して暫く経ってから感じ始めたことがあります。 それは、これまで仕事・留学と、様々な面で色々な方の経験談の共有やアドバイスのお陰で、それなりの成果を得てきたように思っています。そして、これを何か若い世代の方々に還元できないか・・・と「場」探しを始めてました。

そのようななか、留学準備でお世話になった語学学校の先生方とお話をしていたことがきっかけで、持ち上がった話・・・・それは留学関連のイベントにボランティア参加すること。その第一弾として、先月、「英国留学出発前オリエンテーション」のパネルディスカッションのパネリストの一人として参加しました。

そこでお話したこと・・・・折角原稿にまとめていたので、このBlogに行き着いた留学前の皆さんとも共有してみようかなと思い、久しぶりに更新です。つれづれなるままに留学中に1年以上かけて書いた日記のなかに、散りばめられている要素をとりまとめただけですが・・・・何かのお役に立てれば嬉しいです。

【英語習得について】

質問: 事前にどのような英語のトレーニングをされましたか。効果のあったものを教えてください。

回答:

毎日通勤中にBBC Learning Englishのコンテンツをを聞きまくり、時折ディクティエーション、音読、シャドウイングなどをしていました。他はIELTSでスコアを取るためのトレーニングで、Readingは文章を短時間で内容を摑むための訓練を、Writingは、ある程度定番的な言い回しの一覧をとりまとめて覚え、問題練習をする際には、時間を本番と同じように設定し、最後の受験月には毎日書き、先生にチェックいただいてました。

これらのトレーニングは、IELTSのスコア取りに役立っただけではなく、留学後に実は、短期間で大量の参考文献やテキストを読み、沢山のEssay を提出しなければならない状況に直面したときに、多いに役立ったように思います。 

【留学先に持っていくものについて】

質問:

もっていくとよかったものを教えてください

回答:

自分用としては文房具用品(向こうのは高くて、壊れやすい)と、日本料理を作る器具や材料(日本食パーティーとかをよくやったので)

他・・・・向こうでは結構パーティーなどがあるので、日本らしい小さなお土産になるようなものを用意してもっておいておくと非常に便利でした。例えば、綺麗目なお箸、日本らしい絵の手ぬぐい、扇子、文房具などが、プレゼントすると喜ばれました。

【多国籍な環境について】

質問:

留学生が多く、キャンパスは国際社会の縮図だと思われます。どのような国籍のかたがいましたか?グローバルスタンダードのなかで、学んだことを教えてください。また、戸惑ったことがあれば、それをどのように克服したか教えてください。

回答:

今回の留学で学んだことは、「多様性は恐れるものではなく、楽しむもの」ということと、「人というのは、実は宗教・文化の違いというのは表面的な違いであり、人としてのコアな部分に変わりはないの」という二点です。

前者については、以前は、言葉の壁もあり、人からの話を元に、「この国の人は、こういう性格だから何かを一緒にやるのは難しい」などの固定観念が知らず知らずにありました。でも、実際多国籍な環境に思い切って飛び込み、グループワークなど一緒に取り組む中で気づいたことは、様々な考えの人と一緒に何かを作り上げることは、困難も多いけれど、それを乗り越えた時には、考えもできなかった面白いことを成し遂げられることもあるということです。

後者については、信頼できる人、一生ものの友人として付き合いたいと感じる人というのは、国籍は関係ない。国籍や宗教を超えて、厚い友情を培うことができた相手とは、驚くほど人としての芯の部分に通じるものを発見できました。 帰国後に手にした、外との接点を持って行動されている海外の方のエッセーなどでも、同類のことが書かれていたのには少し驚きましたが。。

ではどうしてこうした経験を得られたのか。まず、最初は色々な個性にとまどい、言葉のハンデもあり躊躇しがちでしたが、「頑張ってごらん」と手を差し伸べたときに、思い切って一人で多国籍なグループに飛び込み、本当によかったと思います。 またその後、どのように人の輪を広げられたかと考えてみると、友人から指摘されたのは、私はいつも、国籍/性別/階層で人を分け隔てなく、人の話しを真摯に聞き、言葉はつたなくとも自分の経験に基づき確固とした意見を伝え、素直な気持ちで人と接していたから、多くのクラスメイトたちが慕ってくれ、結果として、学年末の学生投票で、クラスのSocialize活動に貢献した人として表彰されたようです。

【SurviveするためのTIPSについて】

質問:

英国でサバイバルするのに「これは役立った!」というTIPSはありますか?

回答:

留学中は、授業への出席、予復習などなど、毎日がハードではありますが、どんなに追い込まれいても、例え30分でもよいので、クラスの仲間たちが出入りするPubに顔を出すことをお薦めします。 Pubでは、勿論クラスメイトと交流することもできますし、実はそこで「次のAssignmentをどう攻略したらよいか」とか、「就職活動をどうやってするか」などの、真剣な議論や情報交換が行われたり、「次の休みに一緒に何かをしよう」といった話のとりまとめがされています。

前者については、部屋に独りでこもって、うんうんと独り悩むより、他人の知恵(勿論自分もその分自分の知恵も共有するわけですが)を重ね合わせることで、効果的、効率的に宿題をこなすことができます。後者については、クラスメイトたちとより仲良くなるためのイベント情報をGetしやすくなります。

「こんなに宿題や課題があるから、Pubなどの場に行く時間なんてない!」といいつつ、独りで部屋にいても、30分くらい、平気でぼけーっとしていたり、遊んだりしてしまいますよね。それであれば、気分転換もかねて、時間を限定して、人との交流の場に行った方が、収穫が多くあります。 実際、「Time Managementがうまい」と言われる欧州系の学生も、この「時間限定のPubへの顔出し」を有効に使っていましたので、是非試してみてください。

【就職活動について】

質問:

 留学中や帰国後の就職活動について、いつ、どのように就職活動を計画しましたか? 回答: 私の場合は休職して留学したため、就職活動は不要でしたので、周りのクラスメイトたちを参考に就職活動についてお話をすると、USなどでは2年かけて行われるコースを1年で行うハードなコースでしたので、修士論文を提出し終わった9月から就職活動を本格化する方が多いよう感じました。

 UKで就職する道を選択した方々は、粘り強さ、労力、それなりの資金の確保が必要のように見受けられました。一方日本で就職する道を選択された方も、実はそれなりの時間と労力を必要とされていたようで、どちらで活動をするにしても、3-6ヶ月位はかかっていたように思います。

【最後に】

質問:

これから留学を検討しているかたに、ひとことアドバイスを。

回答:

皆さんそれぞれの目的があって渡英されることと思いますが、是非日本以外の友人を沢山作る機会を持たれることを強くお薦めします。

英国の大学の醍醐味の1つは、学問も勿論ですが、非常に多国籍なこと。自分が今まで偏見でものを見ていたことも、今まで知らなかったこといかに多いか、知ることになると思います。またそうした多様性にもまれることで、自分や日本を客観的に見ることができ、自分のコアな部分をしっかりと保つきっかけにもなるかと思います。

コースの終了間際に、同国籍同士で固まりあっていたクラスメイトたちから言われたことは、「私もあなたと同じように、勇気をもってクラスのなかに飛び込めばよかった」ということです。大変タフなことが多いですが、勇気と好奇心を持ち、限られた時間是非できる限りの体験を得られること、応援しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/12/2007

Re-Union... !!

月日が経つのは本当にあっという間・・・ということで、ついに12月、そしてGraduationの日が近づく。距離の問題、仕事の都合などなど雑種雑多な理由により、残念ながら全員が参加できる訳ではないようだけれど、たぶんより多くの人たちが同じ場所に同じ時間に集まるのはこれが最後。何だか不思議な気分。

そんな訳で、Londonに残留した我が仲良し面々を中心に、Graduation前日および当日のPlanningが進む。前夜は早めにLancaster入りした面々を中心に、Townでお食事。その後、懐かしの大学院寮にあるGrad Barへと赴き・・・あとは流れるままに。でも翌朝早くにレンタルしているガウンを取りに行き、お昼くらいにCeremonyそしてLunch会と続くようなので、夜遊びは厳禁。(ってそんなことを気にする面々でもなさそうだけれど・・・)

当初は仕事の都合で、前日夕方Londonから電車でLancaster入りをしようと思ったのだけれど、たぶん12月一杯でUK生活も終わりそうという状況につき、思い切って2日Offを取り、車でLancasterに入る仲良し面々のグループにJoinすることに。過去に何度となく同じ仲良しメンバーたちとドライブした思い出のTrips・・・・時には誰か(あれ、私か?)のしでかしたFunny Actionに大笑いし、時には一緒に歌を歌い、時には喧嘩しかかり、時には真面目な議論やら人生論を交わした道中。そう、そしてこれがきっとこの面々でできる最後のRoad Tripとなることだろう。

Londonでの就職活動が難航していた我がクラスメイトたちも最近は徐々に嬉しい知らせが舞い込む。そして仲良しメンバーであればあるほど、自分のこと以上にその知らせに感動したり。また自分もいよいよ日本に帰るのだという事実をどこかすんなりと受け入れ始める。本当の意味でMBA卒業、そしてこれから新たな道を歩むんだななんて。だから、きっと純粋な気持ちで、この卒業をお互いお祝いし、くいのないLast Momentを過ごせそうな予感がする。たぶんこれは、キャンパスを去った後に、自分が純粋に本当に大事な友達と感じ続けられた面々とは、これからもつながっていけるという確信が持てるようになったからかもしれない。

最近よく言われるのだけれど、自分は感受性がかなり強くて、人の隠れた性格を見抜く観察眼が鋭いらしい。だからか在学中にちょっとでも何か違和感を感じた一部のクラスメイトたちとは、同じLondonに住んでいてもどんどん溝が広がりはじめる。もちろん人間なので、お互い良い面、悪い面もある訳だけれど、Friends for Lifeの面々とは、両面をひっくるめて大好きと思えるし、一方で違和感を感じる面々は、完璧に生きている価値観が違う故に、今後の関係性持続は不可能と思われる。(喧嘩するわけではないのでご心配なく) そんな訳で、Friends for Lifeになるのか、ただの過去のClassmateの位置づけになるのか、案外当初から感じ取っていた違和感がことごとく正しかったみたい。

ま・・・なんて、小難しいことは考えず、最後のLast Momentを楽しみに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

15/11/2007

New Challenge。

10月中旬より・・・・、Summer Projectを行ったUKの会社のMDさんの紹介を受けて、少しずつ交渉が進んでいた、New Challenge。インド行き決行前後で、バタバタっと事態が収拾し、インドからUKに戻った後から、いよいよ実現することに。

内容は、現休職中の会社のLondon OfficeのConsulting Projectにて、Internshipという形で働くというもの。過去に前例がない故、休職中ゆえ社内での身分の取り扱い方、異国にいるが故にUK Student Visaが許容するWorking形態と給与の受け取り方等、雑種雑多な問題が発生したのだけれど、この1ヶ月掛けてやっとクリア。

いざ実現の形が見えてくると、急に不安になってくる。この英語力でまともに仕事ができるのだろうかというのが一番のConcern。日本で、日本語で仕事をしていても、十分なほどChallengingなConsulting Work。そしてこの仕事での言葉の重要性を痛いほど認識しているが故・・・・・・。そして今回は1ヶ月という期間限定のShort TermのChallenge。この短期間で何を実現できるのか。

とはいえ。開けた道は大切に歩もう。ハードだけれど、Positiveに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

14/11/2007

インドの結婚式。

MBAクラスにてできた、沢山のインド人の友達。コースが終わり、Lancasterを去った後も、Best Friends for Lifeとしてコンタクトを続けるメンバーにも、当然含まれている。

そんなBest Friendsの一人が、この11月にデリーで結婚。「You should come to my wedding!」とずっと言われ続け、本当にインドへ渡ることに。彼の婚約者からも、夏ごろからメールでお知り合いとなり、気づけば30通近いメール交換をする仲に。会ったことはないものの、すっかり気心が通じる関係に発展。彼のFamily/フィアンセに会える、インドのCultuerをWedding Ceremonyを通じて肌で体験できる機会に、すっかりわくわく。

そしてこの14日、ついにAir Indiaにてデリーに着陸。出だしは6時間の飛行機のDelayというハプニングに出会いながら、明け方5時、デリーの空港に迎えにきてくれたBest Friendと再会。

さて・・・・・この10日間、どんな体験が待ち受けるやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/11/2007

新しい語学学校。

10月末から通い始めた、London Oxford Streetにある、独自の教授法を元に英語を教えてくれる語学学校。

クラスを判断するアセスメントInterviewでは、語彙力も文法知識もそれなりにあるけれど、しゃべりをすると要所要所で細かいミスをするとのことで、Intermidiateのクラスに放り込まれる。この学校、Communication重視なこと、実際自分のSpeaking/Listening力はそう高くないことを考えると、妥当なクラスなのかもしれない。

実際に入ってみると、テキストはあるものの、授業の間は殆どテキストは見ない。書かれた内容を読むと、文法&単語共に知らないことはない。なんとなく物足りなさを感じて、担任の先生に聞いてみると・・・・ Stayするか、クラスを落とせとの意外な反応。ここの授業では、先生が怒涛の勢いで生徒に質問を投げかけ、生徒はそれにPerfectな形&発音で反応することが求められるのだけれど、自分はそれがまだ完全ではないとのこと。確かに、基本的なCommunicationProblemはずっと抱えてきたことだし。ということで、ここはいっそ、初心に返り、基礎からやり直そうと決意。

いさぎよく初心者気分になってみると、結構楽しくなってくる。クラスを落とせ!とまで言われた先生をぎゃふんと言わせるくらい、完璧にCommunicationできるようになってやるなんて、相当まじめにPracticeをし始めたり。結果として、現在先生からは「Very well done」とほめてもらうことも。

そんなこんなでCommunication力向上に向けて、楽しく再スタート中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/11/2007

無事・・・MBA修論通過。

突然のこと。各種Messangerを立ち上げるたびに、今や各方面に散り始めたクラスメイトたちから、続けざまにコンタクト。「Hey ... have you got the result?」

そう。Resultと聞いただけで誰もがピンと来る。どうやら、とうとうDissertation(修士論文)の結果がリリースされたとのことで、瞬く間に旧仲良しメンバーたちを中心に、情報が行きかう。DissertationのマークとMBAコースOverallの結果を含めた何がしかの卒業確定の通知は、11月第二週あたりに、東京の実家に向けて送られると耳にしていたので、何とも早い展開。。結果を聞かれるたびび、「スコア?聞いてないよ~」と答えると、ご丁寧に「この番号がMBA OfficeのManagerの番号だから、電話しな!」なんてフォローまで。

Summer Project自体にはとても力を入れたものの、修士論文の書き上げに、結局2週間しかかけず、かつ提出2-3日前にやっと通しの初ドラフトを書き上げ、英語のNative Checkもろくすっぽしてもらわないまま提出という、散々の状況。Super Visor(SV)からも、書き始めてすぐに、「2週間で書く論文の質は、ある程度低いことは否めない。ま、Distinctionはまず無理だね。60点台が取れればいいんじゃない?」なんて、つめたーいお言葉をいただいていたし(T_T)、もうPassしてくれればよいです・・・なんていう状況。みんなみたいに、どれくらいのMarkをとれたかなんて、ワクワクは全くなし。

とはいえ・・・卒業確定かどうかの確認は、確かに早くしたい。とのことで、この金曜日のお昼直前、重い腰を上げ、MBA Officeにお電話。結果・・・・・・Distinctionまでホントあと一歩という、想定外の結果。SVが結構辛めの採点をする人だったし、2週間の追い上げで書いたことを考えれば、十分すぎ。自分の周りが、あまりにもDistinctionを連発しているので、あまり威張れたものではないけれど。。そんな訳で、無事卒業確定。

ちょっと意気消沈気味のLondon残留組にとっては、久しぶりに明るいNews。この週末はみんなでちょっとお祝い会開催予定。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

18/10/2007

気分転換。

当初の予定では・・・・・そろそろ新しいチャレンジをはじめ、語学学校も週2回の夜コースに通おうかと考えていたのだけれど、なかなか思うように予定を固めきれない。

新しいチャレンジの環境整備のために時間が費やされ、でもこれだけ時間をかけてもなかなかGOサインがでないという状況につき、いつGoサインがでても大丈夫なようにと空けていた時間は、語学学校の時間に鞍替えしようかと考えている。

でも・・・・ここずっと通っていた学校にはなんとなくFull Timeで通う気になれず、Mixiの語学学校口コミ情報を元に、何やらちょっと惹かれる学校を発見。「カラン式」なる英語教授法を開発した、Oxford Streetにある英語学校。最初の1週間は、Trialができるらしいので、ちょっと来週は語学週間に戻ることにしようかと画策中。

そういえば・・・別のお話ですが、大学のAlumni Profileページに本日から登場。ちょっと恥ずかしいけれど・・・一応ご報告まででした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

17/10/2007

一進一退。

Londonにお引越しして最初の2週間。大好きなお友達と離れてしまったこと、何をしても進展がないことなどから・・・・、身体的な疲れは全くないものの、「Londonにきたぞ!」なんておいう晴れやかな気持ちには全くなれず。

そんな折の3週間目、事態は急激に動き出す。ここでもまた痛感したのは、「人」。Keyとなる人たちとの出逢いと、かつてのSupporterであった人との思わぬ再会。人生、理由を作り出しては「きっと無理だから」なんて言って、考えるだけで行動しないでいると、何も生まれない。動いてみると、世界は何と狭いこと。例えば、今回、全く会ったことのない人のところへと、紹介されるままに突撃すると・・・・・、今では手の届かないような遠いところに行ってしまっていたと思っていた(場所的にも、地位的にも)元ボスともつながり、じきじきに激励メールをいただいたり。最近書き始めている英語Blogの方に詳しく書いているけれど(あ・・・そんな訳でちょっと日本語Blogが立ち止まってます・・・ゴメンナサイ)、そんな「縁」ある人たちとの出逢いは、びっくりするほど楽しいし、何かをもたらすことが多い。

1つずつ障害を取り除けば、また新たな障害が沸いてくる・・・、もう根をあげてしまいたい~!と悲鳴をあげている状況だけれど、あまりに前例がないことをやろうとする時には、仕方がないのかな。最終的にどういうことになるのか、未だ先が読めないので、公に内容を書くことはできないけれど。そして今週に入ってから、日英の間を、あらゆる手段を駆使し、時差を超えてのあらゆる方面と交渉をしているため、まともに眠れていませんが、紆余曲折、一進一退しつつ、何とか新たな一歩を踏み出すため、頑張っています。

何とかよいご報告ができることを願いつつ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/10/2007

ついに最上位クラス。

9月の最終週から通い始めた語学学校。昨年7月にUKに来た時には、Upper-Intermidiate⇔Advancedの境目と診断され、最終的にはいつもAdvancedクラスに放り込まれるも、毎日アップアップしていた感があった自分。

MBAコースが始まってからは、英語単独の勉強をする時間は皆無。クラスに出席し、本を読み、大量にエッセイを書き、Group WorkにてGroup Discussionをこなし、Socializeに精を出し、その結果、幾つかDistinction(優)を取り、クラスのなかでMost Socialized Personに選ばれ(お?関係ない?)・・・・と、1年間頑張ったことが形になって現れていたものの、英語力の進歩については本人自覚なし。クラスメイトたちから、クラスで一番英語が上達したとは言われるものの・・・未だイイタイコト表現しきれずの自分を思うと、あまり自信をもてなかった。

そして久しぶりの語学学校。結果は・・・・AdvancedとProficiencyの境との診断。最初の2週間はAdvancedクラスに入るも、確かにちょっとSpeakingは未だちょっと他の人たちよりFluencyが劣る気がするけれど、あまり自分の力に気後れしなくなっている!そして何と、来週から授業の時間帯をちょっと変更することにしたところ、「どうせならProficiencyクラスにチャレンジしたら?」とのお申し出。。。

勿論ちっちゃい学校だから、Proficiencyクラスであろうと物凄いレベルではないのだけれど、ちょっと自分の進歩に気づき嬉しい気持ち。

でも・・・・ここずっと、かつてのMBAクラスの仲良し面々たちと一緒に遊ぶたびに、自分の英語の物まね(よく Im wondering .... Im thinking ... maybe i think ... とか思い切り日本人的発想な表現を好んで使っているらしい。。。)してカラカワれはじめる・・・・コース中はしょっちゅう英語にNervousになっていたため、周りもあまりからかえなかったみたいだけれど、今ならもうからかえる!と思っているらしい・・・・むむぅ。もうちょっとましにしゃべれるようにやっぱりなりたいものだ。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/10/2007

みんなの不安。

9月初めの修士論文提出、9月中旬~下旬に掛けてのCampusから新天地へのお引越し。多少時間に余裕はあったものの、バタバタと手配をし、特にLondon方面に下りてきた面々は、バタバタと新居に移り住んだといった状況。

みんなそれなりに確固としたAspirationを持ちつつも、しっかりと頼りになるあてもなく、ある種ちょっとした賭けを元にLondonにきたことが、今になってみんなを不安にさせている。各々がそれぞれの住まい(一部は、クラスメイト同士で家を借りてShareをしたり、自分のように知り合いのフラットに転がり込んだり)にひとまず荷物を片付けた直後にHome Partyをした際には、「いよいよLondon!」といった希望に満ちた顔をしていた面々も、1週間、2週間と経つにつれて、複雑な想いが増幅中。

Londonでの生活は想像以上にお金が磨り減る。物価高で、交通、食費、娯楽費、どれをとっても異常に高い。またお互いが会ったり、連絡を取り合ったりしようとしても、以前はCampus内。内線電話を使い、徒歩でお互いの部屋を行き来していたところ、今では携帯電話で電話をし、TubeとBusを乗り継いでお互いのFlatを訪問しなんてやっているうちに、瞬く間にお金は飛んでいく。

そして想像以上に就職活動が難航している。(あ・・・・私以外の面々のこと) 彼らなりにネットワークを使って、Recruiting Agencyにコンタクトをしているらしいのだけれど、IT業界とFinancial業界出身者以外は、Working Visaの問題(11月以降にならないと申請&取得できない)をちらつかせて、好意的に取り扱ってもらえていないらしい。

こんな状況に直面したときには・・・・やっぱりみんな感じることは同じのよう。「何故UKで就職したいのか?UKで就職することにどんな価値があるのか?」なんて考え始め、希望に満ちた顔をしていた彼らの顔が、極端に曇り始めている。

何とかよい道が見つかるといいのだけれど・・・・と強く願う毎日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧